「日本ったらひどいんだ…」外国人観光客からクレーム?日本に訪れたら身体に異変が・・・

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

日本は何を食べてもおいしい」ってよく聞くけど、こんなのばかり食べていたらそりゃ太るわな。(; ̄ー ̄A

 

 

 ソース元

体の異変

日本の文化やおもてなしに、多くの外国人が魅了されます。

海外からの観光客は、2015年には累計で1,900万人以上も訪れるほど日本は人気の観光地です。

そんな日本の文化に触れようと、2週間の日本旅行に訪れたある外国人男性。

その男性は帰国後、海外の掲示板サイトで体に起こった変化について投稿しました。

2週間の日本旅行で男性が最も魅了されたのは、日本の食文化でした。

男性はそんな食文化を堪能し続けました。

その結果、男性の体重は旅行前より5キロも太ってしまっていたのです!

確かに日本には美味しいものがたくさんありますが、たった2週間で5キロも太るなんて…。

しかし、日本に訪れる海外からの観光客は大半の人が太る覚悟で訪れるそうです。

日本人としては誇らしいですが、一体何を食べたらそんなに太ってしまうのでしょうか。

男性が食べたものについて、次のページで詳しくご紹介いたします。

 

食べたもの

男性は日本で食べたものを海外の掲示板サイトで紹介しました。

 

和菓子

男性が最も美味しいと、感動したのは和菓子でした。

「桜の風味がする」と大絶賛された、桜の塩漬けがアクセントの桜餅。

 

どら焼き初体験の男性は、「日本人はパンケーキが好きなのか!」とちょっと勘違い。

誰かこれはどら焼きという和菓子だと教えてあげてください。

 

日本人でもあまり馴染みのない、落雁。

砂糖菓子で色々な形がありとっても可愛く、甘くて美味しいお菓子に男性も中毒になってしまったようです。

 

お寿司の形をした飴細工。

この飴はどれも異なる味だったことに男性は驚いたみたいですよ。

 

軽食

私たちにとっては当たり前の食べ物も、海外の方には新鮮なものばかりです。

日本のパン屋は種類が豊富だと興奮気味な男性が選んだのは、クロワッサンとあんぱん。

この旅行であんこに魅了されてしまったのでしょう。

 

コチラはくまモンの形の中華まんです。

ちょっと怖いですね。

 

粉もんの代表といえば、お好み焼きですよね!

もちろんこの男性もお好み焼きを堪能しました。

 

生クリームたっぷり

女性が大好きな甘くて美味しい生クリームたっぷりのアレも堪能しています。

男性はチョコチップ入りのシュークリームを購入しましたが、その他にも色々な種類があったみたいです。

季節限定で桜味もあったみたいですよ。

 

女子高生が大好きなクレープ。

いろんな種類があるのに、甘いクレープを2種類も食べるなんて相当甘いもの好きなのでしょうか。

 

アイスが自販機で買えることに興奮して、ホットコーヒーとアイスを購入したみたいです。

 

太って当然

確かにこんなに食べていたら、太ってしまってもしかたないでしょうね。

毎日こんなに様々な美味しいものに出会えた日本旅行は、

この男性にとってとても思い出深い旅行になったことでしょう。

そして日本の食文化に魅了されたこの男性は、また日本に訪れて日本の食文化に触れることでしょう。

その時には今回出会えなかった、

新しい美味しいものに出会って今回よりも太って帰国するのではないでしょうか?(笑)

私たちの身近にある美味しいもの。

私たちも食べ過ぎないように注意しないといけませんね。

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ