「暴言王」が大感動 ドゥテルテ比大統領 陛下との会見の喜びを語る

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング

 

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

****************************************************************

三度目の正直、やっと陛下にお会いできましたね。(⌒-⌒)

 

産経ニュース→ソース元

 

ワイルドな風貌と数々の過激な発言で「暴言王」の異名を取るフィリピンのドゥテルテ大統領(72)が10月末に来日し、天皇、皇后両陛下と会見した。

実はドゥテルテ氏はかつて天皇陛下について「神のような存在として尊敬いたします」と語っており、会見を切望していたが、2度に渡って直前に“キャンセル”になった経緯があった。「三度目の正直」で念願がかなったドゥテルテ氏は帰国後、地元メディアに宮中での“感動体験”を語った。

 

 

「ヒトラーはユダヤ人300万人を虐殺した。(フィリピンには)薬物中毒者が300万人いるが、私も虐殺してやりたい」

「売春婦の息子め。フィリピンは独立国家で、米国の植民地ではない。オバマは何さまのつもりだ」

 

フィリピン南部ダバオの市長を長らく務めたドゥテルテ氏は昨年6月の大統領就任後、過激な発言で世界にその名をとどろかせた。

さらに昨年10月に訪中した際の中比間の協力文書の調印式で見せた態度も問題視された。

ドゥテルテ氏はズボンのポケットに手を突っ込んだ状態で中国の習近平国家主席と会場に現れ、ヤサイ外相(当時)が署名をしている間や習氏と握手を交わした際に、ガムを噛むようにくちゃくちゃと口を動かしていたのだ。

 

こうした言動から、天皇陛下との会見を懸念する向きも一部にはあったようだ。だが、筆者はその点は心配していなかった。

というのも、かつてドゥテルテ氏は日本メディアの取材に対し、天皇陛下に対する深い尊敬の念を語っていたからだ。

フジテレビが運営するニュースサイト「ホウドウキョク」は、ドゥテルテ氏の初来日に先立つ2016年10月25日にFNN(フジニュースネットワーク)がインタビューした際のやりとりを掲載している。

それによると、日本滞在中に最も会いたい人物を聞かれたドゥテルテ氏は「それはもちろん天皇陛下です。どの国のリーダーでも天皇陛下にはお会いしたいと思うでしょう」と答えた。さらに「お会いしたら何をお伝えしたいか」と問われるとこう語った。

「恐れ多くて言葉が出ないかもしれません。神のような存在として尊敬いたします。なんと申し上げようか…。『敬愛なる陛下、このように直接お会いできることは人生で最上の喜びです』とか…」

ところがインタビューの2日後に予定されていた会見は、当日朝に三笠宮さまが薨去(こうきょ)され、取りやめとなった。

滞在先のホテルで宮内庁側から中止となったことを伝えられたドゥテルテ氏は「いつか陛下とお会いする機会があると確信しています」と話し、哀悼の意を表したという。

次のチャンスは今年の上半期に訪れかけた。ドゥテルテ氏の2度目の来日日程が6月初旬に組まれた。しかし、このときはフィリピン南部ミンダナオの治安情勢が悪化し、ドゥテルテ氏はその対応のため来日自体を取りやめた。

それから約5カ月。10月25日、菅義偉官房長官は定例の記者会見で、ドゥテルテ氏が29日から3日間の日程で来日し、安倍晋三首相と首脳会談を行うと発表した。

しかし、天皇陛下がご会見になるかを記者から問われた菅氏は、意外な答えを口にした。

「今回はない、ということです」

ドゥテルテ氏はまたも願いがかなわず、さぞかし残念だろう-。菅長官の言葉を聞き、そう考えたのだが、翌26日、一転して宮内庁が天皇、皇后両陛下がドゥテルテ氏とパートナーのアバンセーニャさんと会見されると発表した。

外務省の担当者に聞いても「官房長官の記者会見の時点ではまだ決まっていなかったということで…」という回答で、1日の間に政府内で具体的にどのような調整がされたのかは不明だ。しかし、いずれにせよ、ドゥテルテ氏が待ち焦がれた機会が訪れた。

フィリピンから日本への温かいあいさつの言葉をお伝えする以外は、口を慎まなければいけないと思っている」

ドゥテルテ氏は2度目の来日を前にマニラで記者会見し、天皇陛下との会見についてこう語った。30日の首相官邸での安倍首相との首脳会談後の共同記者発表では、次のように述べた。

「明日は天皇陛下にお目にかかる栄誉に浴することになります。日比の外交60周年の年(=2016年)に、天皇、皇后両陛下にフィリピンを訪問していただいて、大変親切な、さまざまな心遣いを示していただいたこと、心より感謝をしております。明日は、私がいかに天皇陛下を尊敬申し上げているかということをお伝えしたいと思います」

らしくない、直立不動!! (;^_^A

 

そして31日午後、皇居・御所。ドゥテルテ氏は、お出迎えになった天皇陛下が差し出された右手を、直接ではなく、まず一礼してから握った。

会見は約25分行われ、本紙既報の通り、天皇陛下が「先の大戦では多くのフィリピンの人たちが犠牲になりました」と述べられると、ドゥテルテ氏は「両国は川の流れのように過去を乗り越え、今日の協力関係を築いてきました」と応じた。

ドゥテルテ氏は会見冒頭、手を膝に置き緊張した様子だったが、徐々に打ち解けた雰囲気に変わり、御所を後にする際には、見送られた両陛下に何度も頭を下げる場面もあったという。

「スーツ姿で、きっちりとして控えめだった」

「腕まくりをしたり、ガムを噛んだりしなかった」

フィリピンメディアもドゥテルテ氏の態度や服装についてわざわざ伝えた。

帰国し、地元ダバオに戻ったドゥテルテ氏は記者会見し、天皇、皇后両陛下との会見の感想を語った。ちなみにこのときのいでたちは、スーツではなく、革ジャン姿だった。

「これまで多くの偉大な指導者たちの住まいや宮殿を訪れたが、こんなに簡素な宮殿は初めてだった。本当に小さな住まいだった」

こう振り返ったドゥテルテ氏は「簡素」の一例として「応接室には1枚の絵画も飾られていなかった」と紹介した。

両陛下の控えめで謙虚なお姿も強く印象に残ったようで、「その立ち居振る舞いは陛下の称号にふさわしい」とも語った。フィリピンメディアは「ドゥテルテ大統領が日本の天皇、皇后のシンプルなライフスタイルと控えめな態度に畏怖」と伝えた。

ところで、話は10月30日にさかのぼる。

首相公邸で開かれた安倍首相夫妻主催の晩餐(ばんさん)会でスピーチをしたドゥテルテ氏は「ちょっとおなかがすいてきましたので、原稿の次の2枚のページを飛ばしまして、最後のページに行きます」と述べて、会場の笑いを誘った。

実はこの晩餐会は直前の首脳会談が予定を超えて長時間に及んだため、開始が約1時間遅れていた。

自分の空腹を理由にドゥテルテ氏がアドリブでスピーチを早めに切り上げたわけだが、後日、日比外交筋に聞くと、フィリピンの事務方が用意した原稿があまりにも長かったため「全部読み上げれば、多くの人をさらに待たせてしまい申し訳ない」との配慮からだったという。

暴言王はTPOをわきまえるのはもちろん、存外、周囲に心配りができる粋な人物でもあった。

 

ドゥテルテ大統領の支持率、過去最高-フィリピン世論調査

 

 

 

 

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

買い目配信の受け方

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前で見せました


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ