「美しい国」の条件

 

 

FROM 藤井聡@京都大学大学院教授

「美しい国」という言葉があります。

これは、第一次安倍内閣の折、総理が構想された国家ビジョンですが、その思いは、第二次安倍内閣にも引き継がれています。

政権発足後、安倍総理は国会での施政方針演説にて、「日本は瑞穂の国です」とお話された後、「息を飲むほど美しい棚田の風景」に言及され、伝統ある文化、美しい故郷を守り続ける決意を表明しておられます。

では、そんな美しい国、美しい故郷を守るという、総理の決意を本当に実現させるためには、どのようにすればよいのでしょうか。

。。。。丁度今、「大衆社会の処方箋」という社会哲学の本の最終のとりまとめをしているのですが、その最終章で引用した、小泉八雲(ラフカディオハーン)の一節が、この「美しい国」を守るための「条件」を考える上で、重要な示唆を与えるものではないか。。。。と感じましたので、少々長文ですが、ご紹介したいと思います。

 

*******************
例えば,外国人の目で明治の日本を様々に描写した小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は,明治二十七年に出版した『知られぬ日本の面影』に収められた『おばあさんの話』の中に,そんな「大衆人からかけはなれた美しい人」の佇まいを描写している。

『今ではもう,いかなる民族も,私がこれから語るような人物を生み出すことは出来ないだろう。その女(ひと)は,私ども西洋世界の人間には想像もできないほど厳格な躾によって育まれた。

その理想とは,他人のためだけに働き,他人のためだけを思い,他人のためだけに生きる女,限りない愛情と限りなく無私の心を持ち,犠牲を厭わず,返礼を求めない,そんな女だ。しかし,何世代にもわたり幼い頃からあらゆる面で厳しく教え込むことにより,ついにそのあり得べからざる理想が現実のものとなった。

(略)女性というものが教育によってどれほど変わりうるかを見事に証(あかし)していた。こうした女性は声高に褒められることもなく,静かに愛され,見習われた。女性の鑑といっても人さまざまである。私はその中でも最も素朴な人,私の一番良く知る人のことを語りたい。

それは,やせた小柄な女性で,いつも黒い着物を着て,梅干しのように皺だらけの顔をしている。もう六十八歳になるが,髪はまだ烏の濡れ羽色──つまり日本人に典型的な濃い藍色をしている。歯は至って丈夫で,若い娘のように白くて美しい。そして,まるで子供のように明るく住んだ鋭い瞳をしている。その上,足腰も達者で,一里や二里なら平気で歩いて,神社やお寺の祭礼にでかけてゆき,孫達の喜びそうなおみやげを買ってくる。(略)

今も昔もおばあさんは一日中,絶えず人の世話を焼いている。冬でも夏でも朝一番に日の出とともに目を覚ます。奉公人を起こし,子供達に着物を着せ,朝食の支度を指図し,ご先祖様へのお供え物を按配する。(略)

肉親以外の者が家を訪ねてきても,おばあさんの姿を見かけることは,まずない。たとえそれが血筋の者でもおばあさんは腰を下ろして話し込んだりしない。そんなふにうに仕事を怠けていてはお天道様に申し訳ないと思っているのだ。だからおばあさんと話したかったら,子供の世話,衣服や蚕や菜園の手入れ,食事の支度などをしている最中を選ばなくてはならない。来客のもてなしはすべておばあさんが取り仕切っているのに,その存在は伝説のように人伝てにしか知ることができない。(略)

小さい頃からおばあさんをよく知る老人達は,おばあさんが人を悪く言うのを聞いた事がないと断言する。でもおばあさんはとても辛い目にあってきた──たくさんの武家が金貸しに騙されて潰されていった時代にはおばあさんも随分ひどい仕打ちを受けた。

その上,多くの愛する者たちと死に別れた。しかしその苦しみも悲しみも,おばあさんは決して人に漏らさない。怒りを露わにすることは一度もない。世の悪行についておばあさんはお釈迦様と同じように考える──それは迷いであり無知であり愚かなのだから,怒るよりも憐れんでやらなくてはいけないと。おばあさんの心には憎しみのつけいる隙もない。

(略)私はおばあさんがこれから先,少なくとも五万年くらいの間は生まれ変わってこない様な気がする。この人を作りあげた社会の条件はとうの昔に消え去っている。そして次に来る新しい世の中では,どのみち,この様な人は生きていけないだろうから。』
*******************

 

小泉八雲が最後に言及した、この人を作りあげた「社会の条件」こそが、美しい国をつくるために、「国家」が整えなければならないものであるに違いありません。

しかし小泉八雲は、そんな社会の条件は「とうの昔に消え去っている」と論じ、そして、「次に来る新しい世の中では,どのみち,この様な人は生きていけない」と断じています。

残念ながら、筆者もまた、この小泉八雲の意見に強く賛同しています。それは、老女に象徴される「日本の面影」を残すためには「社会の条件」を整えなければならない一方、その社会の条件は、黒船来航と共にやってきた、西洋発の「グローバル資本主義」によって解体せられていったという「歴史」を「知っているから」です。

しかし……もちろん、まだ、この平成の御代においても、「日本の面影」は残存しています。だからこそ、安倍総理がかつてビジョンに掲げられた「美しい国」をつくりあげる好機を、平成日本人は未だ持っていると言い得るわけです。

そんな「日本の面影」を守るために、私たちには、そして日本国政府には、一体何ができるのでしょうか。

……本日から、「成長戦略実行国会」が始まります。

そこで議論される「成長戦略」は、小泉八雲が一人の小さな老女を通して描写した「日本の面影」を、僅かなりとも守らんとする「条件」を整えるものなのでしょうか、それともそんな「条件」を解体せしめて行くだけのものとなるのでしょうか……

「美しい国」という総理の言葉に魂を宿し得ることができるか否かは、その一点にかかっていると言って過言ではないでしょう。

もしも「美しい国」を希求される国民がおられるとするなら、私たちの未来に甚大なる影響をおよぼす国会の先生方の真摯な議論に、是非とも、注視してまいりましょう。

 

 

 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ