【競馬用語】ふなゆすり

 

 

ふなゆすりとは、馬が馬房の中で前肢を開いて左右交互に体重をかけ、間断なく体をゆする癖のことをいい、この様子が船を漕いでいるように見えることからこう呼ばれています。

また、檻に入れられた熊が体を左右に揺らす行動に似ているため、「熊癖(ゆうへき)」とも呼ばれます。

 

この癖は脚の故障の原因となることもあり、環境の変化によるストレスや退屈、他馬のマネをして覚えることがほとんどです。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ