【競馬用語】伝貧(でんぴん)

 

 

伝貧(でんぴん)とは、馬伝染性貧血の略語で、家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病の一つです。

 

感染経路は母馬から子馬への垂直感染と、吸血昆虫の媒介による水平感染があります。

症状は、感染後10日または2~3週間で体温は40℃~41℃に上昇し3、4日で下がります。その後、1週間から10日間隔で同じような発熱を繰り返して貧血の程度が増し、痩せていきます。

 

この病気はウイルスが変異する性質を持つため治療法がなく、伝貧に感染した馬は、蔓延を防ぐために法律によって安楽死させなければいけなくなります。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ