【競馬用語】前検量(まえけんりょう)

 

 

前検量(まえけんりょう)とは、レースの約1時間前に、負担重量が適正範囲内に収まっているかどうかを計量することをいいます。

 

この際、負担重量に満たない場合には、鉛などを装着して調整します。

 

また、不正を防ぐために、前検量を済ませた鞍を馬につけることが出来るのは、係員がいる装鞍所でのみになります。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ