【競馬用語】屈腱炎(くっけんえん)

 

 

屈腱炎(くっけんえん)とは、“エビハラ”と呼ばれるもので、競走馬の脚部で発生する病気のひとつです。

 

上腕骨と肘節骨をつなぐ腱である屈腱(外側の浅屈腱と内側の深屈腱の2つからなる)の腱繊維が一部断裂して患部に発熱、腫れを起こし、前肢に起こりやすく、深屈腱より浅屈腱に多く発症します。

 

また、強い運動をすると再発の可能性が高く、発症すると治るまでに数カ月から数年かかるため、「不治の病」「競走馬のガン」ともいわれ、引退の原因となることも多い病気です。

 

速く走る馬ほど発症しやすく、毎年1000頭以上の馬がこの病気にかかっています。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ