【競馬用語】庭先取り引き(にわさきとりひき)

 

 

庭先取り引き(にわさきとりひき)とは、馬の売買形態の一つで、生産者と馬主との直接取引のことをいいます。

 

セリとは違い、個人的交渉で価格を決めて取り引きするため、第三者にはその内容が分からないことが多く、内国産馬のうちの約8割が庭先取引で売買されているようです。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ