【競馬用語】挫跖(ざせき)

 

 

挫跖(ざせき)とは、走行中に後肢の蹄の先端を前肢の蹄底にぶつけた時や、石などの硬いものを踏んだ時に蹄底に起きる炎症(内出血)の一つです。

 

また、肢勢の悪い馬や蹄底の浅い馬、踏み込みの良い馬にも発症しやすく、前蹄に多く発症します。

 

蹄に熱を持ち、重度の跛行(正常な歩行ができない状態)の原因となることもあります。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ