【競馬用語】服色(ふくしょく)

 

 

服色(ふくしょく)とは、レースの時に騎手が着用する服(勝負服)の色や柄のことをいいます。

馬主は、JRAに3000円の登録料を払って服色の登録をします。

 

JRAでは馬主毎に服色が決められていて、使用できる色、柄は以下の通りになっています。

 

色:白・黒・赤・青・黄・緑・桃・水色・紫・薄紫・鼠・海老・茶の13色で、胴と袖それぞれ地色と模様に1色ずつ、合計4色まで使用可

胴部分の柄:無し(1色のみの使用)・輪・一文字・帯・菱山形・襷・縦縞・格子・元禄・ダイヤモンド・うろこ・井桁絣・玉霰・星散・蛇目散・銭形散の中から1種類使用可

袖部分の柄:袖部分は胴とは別の色を使用でき、左右で同じ柄を使用する

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ