【競馬用語】検疫(けんえき)

 

 

検疫(けんえき)とは、輸出入国で存在している伝染病の侵入を防ぐために、一定期間隔離して確認することを言います。

 

家畜伝染病予防法に定められた「輸出入検疫」においては、馬の場合、基本的には輸入時10日間、輸出時5日間のけい留検査が実施されています。

 

ジャパンカップ等の日本での国際レースに出走する外国馬については、輸入検疫期間が5日間に短縮されます。

一方、海外遠征をした日本馬は、帰国後5日間の検疫の後、3週間の視察検疫(観察期間)が必要となります。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ