【競馬用語】減量騎手(げんりょうきしゅ)

 

 

減量騎手(げんりょうきしゅ)とは、見習騎手ともいい、騎手免許が3年未満であって、勝利度数が100勝以下の一般レース(特別競走・ハンディキャップ競走は除く)において、負担重量を減量する特典が与えられていることをいいます。

 

勝ち数が30勝以下は3キロ減、50勝以下は2キロ減、100勝以下は1キロ減の負担重量で騎乗できます。

 

この制度を活かして成績を残す騎手もおり、そのような騎手は減量がなくなっても騎乗依頼が多くなるため、この間に技術や経験を積むことが重要になってきます。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ