【競馬用語】笹針治療(ささばりちりょう)

 

 

笹針治療(ささばりちりょう)とは、馬に疲れがたまってコズミや跛行がある場合に行われる針治療の一つで、日本独自の治療法です。

 

使用する「三稜針」という針の形が笹の葉に似ていることから“笹針”と名づけられています。

 

また、この治療を行った馬は最低でも1,2カ月の休養が必要になります。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ