【競馬用語】管囲(かんい)

 

 

管囲(かんい)とは、体高、胸囲とともに、馬の大きさ(馬格)を測る基準の一つで、前脚の膝と球節の中間の周囲のことを指します。

 

平均は18~20センチで、管囲が太い方が丈夫だといわれています。

 

最近は、大型の競走馬も少なくないので、管囲が20センチを越える馬も珍しくありません。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ