【競馬用語】繁殖牝馬(はんしょくひんば)

 

 

繁殖牝馬(はんしょくひんば)とは、肌馬とも言われ、仔馬を産むための牝馬のことで、競走馬として優秀な成績を残した馬や、血統が優れた馬などが、牧場に上がって繁殖牝馬となることが一般的です。

 

繁殖牝馬の所有形態は、繁殖牝馬の所有権を生産者が持って生産・管理にかかる費用の一切を負担する「自己所有」、馬主が売却せず牧場に預けて種付け料を払い仔馬をとる「仔分け」、所有権を馬主が持ち、種付け料や預託料を牧場に払って管理してもらう「預託」の3種類があります。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ