【競馬用語】繋靱帯炎(けいじんたいえん)

 

 

繋靱帯炎(けいじんたいえん)とは、競走馬の脚部で発生する病気の一つで、ナカスジとも呼ばれています。

 

屈腱炎などと同じように競走馬にとって負担のかかる前肢に起こりやすい病気で、下肢部の靱帯である繋靱帯が炎症を起こし、繋靭帯炎を発症した馬は副管骨の骨膜炎や骨折を伴っていることが多いようです。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ