【競馬用語】腹帯(はらおび)

 

 

腹帯(はらおび)とは、馬具の一つで、鞍の付属具で馬の胸に回して締める帯のことを指します。

「ガース」とも呼ばれています。

 

装着する位置は、馬の前肢のすぐ後ろで、人間でいう腋の下にあたる部分で、鞍ずれ防止のために、鞍の上から腹帯の上にもう一本帯を締めますが、この帯を「上腹」といいます。

 

腹帯が緩いと鞍が回って騎手の落馬の原因となったり、締めすぎると競走能力に影響することもあるようです。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ