【競馬用語】装蹄師(そうていし)

 

 

装蹄師(そうていし)とは、蹄鉄の作成、馬蹄の削蹄、蹄鉄の打付けをする人のことをいいます。

 

蹄は馬体を支える土台で、体重を支えたり、衝撃を和らげたり、摩擦を防いだりする役割があり、「蹄なければ馬なし」といわれるほど蹄は競争馬にとって重要なものです。

 

そのため、装蹄が馬に与える影響は大きく、腕前の良し悪しで競走馬の結果を左右するため、技術力を要する重要な仕事です。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ