【競馬用語】蹄叉腐爛(ていさふらん)

 

 

蹄叉腐爛(ていさふらん)とは、蹄底の蹄叉の溝や測溝に汚物などがつまったことで細菌が繁殖して角質が腐敗し、悪臭を放ってもろくなってしまう病気のことをいいます。

 

重症になると跛行を呈します。

 

不衛生な馬房や放牧場、蹄の手入れ不足などが原因で起こります。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ