【競馬用語】蹄葉炎(ていようえん)

 

 

蹄葉炎(ていようえん)とは、骨折などの故障を発症した肢を他の肢でかばい続けることによって、その肢に過度の負担がかかり、血行循環が悪くなって炎症を起こし、激しい疼痛を伴う病気のことをいいます。

 

また、駐立時に前躯の方に体重を多くかけているため、後肢より前肢に多く発生します。

 

馬は体重が重いため、症状の進行を止めることが難しく、重症になると予後不良となってしまうことが多い病気です。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ