【競馬用語】身っ食い(みっくい)

 

 

身っ食い(みっくい)とは、馬が前脚や胸部など、自分の体を噛む癖のことをいいます。

 

これは、過度のストレスや退屈が原因と言われていて、二冠馬タニノムーティエの父馬であるムーティエは自分の胸前を食いちぎってしまう程激しいものであり、常に傷が絶えなかったようです。

 

 

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ