【競馬用語】顕彰馬(けんしょうば)

 

 

顕彰馬(けんしょうば)とは、 中央競馬の発展に多大な貢献のあった競走馬の功績を讃え、後世まで顕彰していくために昭和60年に日本中央競馬会創立30周年記念事業の一環としてできた制度のことをいいます。

 

対象は3月31日を起算日として競走馬登録抹消1年以上、20年以内の馬で、現在は10年以上競馬報道に携わっているマスコミ・新聞関係者による選考投票を行って、総投票者の4分の3以上の票を得れば選出という選考方法で行われています。

 

平成26年4月末現在30頭が選出されています。

 

クモハタ
セントライト
クリフジ
トキツカゼ
トサミドリ
トキノミノル
メイヂヒカリ
ハクチカラ
セイユウ
コダマ
シンザン
スピードシンボリ
タケシバオー
グランドマーチス
ハイセイコー 
トウショウボーイ
テンポイント
マルゼンスキー
ミスターシービー
シンボリルドルフ
メジロラモーヌ
オグリキャップ 
メジロマックイーン
トウカイテイオー
ナリタブライアン
タイキシャトル
エルコンドルパサー
テイエムオペラオー
ディープインパクト
ウオッカ
エルコンドルパサー

競馬用語集まとめました。

競馬用語一覧表


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ