えこのみすと村の「えん罪」ばなし

 

From 藤井聡
————————————————————–

あくまでも、一般論のお話です。

経済理論にはいろいろな分類の仕方がありますが、そんな中のとりわけ重要な分類の一つに、

「需要サイド経済理論」と「供給サイド経済理論」

という分類があります。

本メルマガ読者なら、既にご存じの方も多かろうと思いますが、要するに、「企業が生産性をあげて、たーーーくさん供給できるようになればなるほど、経済は成長するんだよーーーん」

という理論です。この理論の信奉者は、とにかく、企業の生産性を上げる事が、経済成長にとって必要なんだ、ってことだけを考える傾向が強いのが特徴です。

で、「生産性」って何かというと、要するに、「少ない労働力や資源からターくさん、モノが作れるようになったら高くなる」っていうものです。ですから、「生産性あげたいよぉぉ!!」っていう人は、とにかく、「コストカット」、とりわけ「労働力カット」=「リストラ」を目指すようになります。

そして、生産性を上げるために必要なのが、ある種の「イノベーション」ですね。その最たる例が、蒸気機関の発明による産業革命、ってことですね。このイノベーションによって、人類はちょっとした労働力で、たーーーーくさんのモノを作れるようになったわけですね。

これがいいかどうかは別として(笑)、とにかく、人々が「供給サイド経済学」を重視すればするほどに、生産性あげよう!そのためにはとにかくリストラだ!イノベーションしよう!っていう事になるんですね。

逆に言うと、生産性、リストラ、イノベーションっていう事「だけ」を口にする人々は供給サイド経済学を(無意識なのか意識的なのかは別として)信奉してるわけですね。

一方で、その逆に「需要サイド経済論」っていうのは、「経済の変動を決めているのは、需要と供給のバランスで、需要が少なくなりすぎればデフレになって、多すぎればインフレになる、だから、需給バランスをとらなきゃいけないんだ」と考えます。

。。。ひょっとすると、「供給サイド論」が、「とにかく供給あげりゃぁ、成長すんだよ!」な理論でしたから、「需要サイド論」は「とにかく、需要増やしゃぁ、成長すんだよ!」なちょーちょーー単細胞さん達だと。。。。思われたか方がおられたかもしれませんが、実はそんなタンサイボーさん達じゃぁなないんですね。

つまり、
供給サイド論者は、「供給だけ」の重要性を語る傾きが強いけど、
需要サイド論者は、「供給と需要の双方のバランス」の重要性を語る、
という構図があるわけです。

だから、両者を「対比」みたいに扱った時に「得」をするのは供給サイドさん達で、「損」をするのは「需要サイド」さん達なわけです。

つまり、「需要サイド」って言う呼ばれ方は、「実際には需要も供給も語っている」需要サイドさん達にとってみれば、いわば「濡れ衣」なわけです。

で、供給サイドさん達は、議論する前から、相手を「タンサイボー」扱いして、それを通して、自らのタンサイボーっぷりを隠蔽することに成功するわけですから、供給サイド、需要サイド、みたいな分類をする「だけ」で、供給サイドさん達はかなり得をしているわけですね(苦笑)。

まあ、なんでそんな事になったかと言うと、もともと「経済学」という特定の学者村では、どういうわけか(っていうかしっかり理由はあるのですが)最初、「供給サイド論者」がたーーくさんおられた一方で、需要の事を重視する人が、徐々に駆逐されていったんですね。

で、途中でケインズさんっていう方を中心に、

「いやいや、需要もかんがえなきゃぁ、ならんだろ?!」

という突っ込みを入れ始めました。

で、それまでの主流派は、供給だけを考えていた訳ですから、彼らの目から見たら、そんな需要の事「も」考えている人々は、

「あいつら何いってんだ??経済の未来なんて、供給みてるだけで分かんのに、なんで、需要も見ろ、だなんて、何バカな事いってんだ?」

・・・と口にしたかどうかはともかく(笑)、特定の一側面「だけ」を「バカみたいに重視してるアホ共」みたいな名前をつけられて、需要サイド経済学、なんて濡れ衣を着せられちゃったわけです。

。。。。やれやれ。。。。

まぁ、それはさておき、供給サイド論者達は、需要サイド論者達に対して、
「あの人はねぇ、一昔前の経済論だ」
とか
「あの人はねぇ、公共事業やって需要増やしゃぁ、それで成長するんだっていってる単純な奴なんですね」
なんていう、「濡れ衣」を着せまくっちゃうわけっです。

・・・・が繰り返しますが、需要サイドの論者達ってのは、そんなバカではありません。

「経済では、供給「も」大事だけど、需要「も」大事なんですよね」

っていう、どこの小学生でも、どこの幼稚園児でも、真っ当な心をもった人々なら、絶対に
「そりゃそうでしょ?」
って言うことウケアイな当たり前の事を主張しているだけなわけです。

しかも、需要サイドの論者達は、バランスを重視すべきだ、って言ってるだけなのですから、内需の拡大、公共投資の拡大、なんてことも口にしますが、イノベーションの重要性や、場合によっては規制緩和の重要性なんてのも口にするわけです。

だから、はっきし言って、需要サイド、っていわれている人達の方が需要サイドって言われている人達よりも、酸いも甘いもよく知った大人な精神をもってるわけで、さらに言うなら、
「もっと賢い」
のであって、さらにさらに言うなら、
「バカさが少ない」(笑)
っていう事が言えるんですねぇ。

!!!!!!なのに!!!!!!

そんな、経済の一側面「だけ」が大事なんだよって無意識のうちに信じ込んでいる様な、
「『もっと賢い』という傾向が少ない人達」(笑)
あるいは、
「『バカさが少ない』という傾向が少ない人達」(大笑)
に、需要サイドの論者達は、
「バカなんですよ ヘラヘラ」
なんて言われちゃうわけですねぇ。。。。(わざとややこしくて済みません!!)

・・・・ホント、返す返す・・・・やれやれ・・・・

でもまぁ、「真実を語る人」ってば常に品性に少々疑問符が付くような方達にいつも「えん罪」「濡れ衣」を着せられてしまうものですし、ソクラテスもそれで殺されちゃったわけですから、まぁ、そんなもんなんでしょうねぇ。

ってことで、世界中の「無実の罪」の「濡れ衣」を着せ続けられておられる皆様方!、

「腹立つなぁ」なことも「やってられんなぁ。。。。」なことも日々おありでしょうが、まぁ、そこは、
「そんなもん、真実を知っちゃった人間だけが払わんといかん税金だわさ」
な感覚で、明朗快活に、時に、バカさの少なさが少ない人達のおもしろぉぉぉい諸言動をギャグのネタにでもしつつ、日々たくましく、レジリエントに生きて参りましょう!

。。。。っていうことで、時代と地域を越えた、プチ一般論でした。
 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ