どうやって渡れば??横断歩道が宙に浮いているようにみえる「錯視横断歩道」が登場(アイスランド)

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

***************************************************************

スゴイ!!ほんとに浮いて見える。(; ̄ー ̄A

 

via:Laughing squid / YouTube / Geekologie / Digg / Fubiz / Boredpandaなど / translated by usagi / edited by parumo

ソース元

アイスランド・イーサフィヨルズゥルの町中に、歩行者もドライバーもびっくりな横断歩道が出現して注目を集めている。

横断歩道がふわっと宙に浮いているように見えるのだ。その横断歩道を渡っている人すら浮いているように見える。

もちろん実際に浮いているわけではない。錯視を使って立体的にそして浮かんでいるようにペイントした横断歩道なのだ。

しかし目の錯覚とはいえ自分がドライバーだったら絶対減速しちゃうやつだろこれ。

 

 

錯視効果で交通安全を促す横断歩道

目の前に見えてきた横断歩道が立体的で浮かんでいるように見えたらどうする?ドライバーならびっくりしてスピードを落とすはずだ。そう、それが目的なのだ。ドライバーに注意を促す目的で作られたのが「錯視横断歩道」なのだ。

これは、アイスランドの環境委員長、ラルフ・トライラ氏の呼びかけにより実現したものだ。

交差点に向かってくるドライバーから見ると
まるで横断歩道が浮かんでいるようだ。

 

 

実際のところは平面にペイントされているだけなんだけども・・・。

 

 

横断歩道を歩いている人だって浮かんで見える

 

錯視効果を利用して交通安全を促すというこのアイディア、びっくりしがちなタイプのドライバーなら慌てて急ブレーキを踏んじゃう危険性がないわけでもないが、程度の効果は見込めるのだろう。

実はすでにインドでも似たような横断歩道3D化プロジェクトが実施されていて、今回の錯視横断歩道はそれを参考に作られたのだという。

インドの3D横断歩道は以下の動画から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

買い目配信の受け方

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前で見せました

 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ