なんだこりゃ? 平昌オリンピックに謎の物体「モルゲッソヨ」

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

***************************************************************

どう見ても・・・・・(;^_^A

 

ソース元

平昌冬季オリンピックを迎え、ある物体が、日本のSNSユーザーの間で大きな話題となった。

メインプレスセンター前に設置された銅像で、裸の男性3人が頭に兜のようなものを被っている。このオブジェはすべてスキージャンプ台を向いている。

 

 

 

■ボランティアの返答から生まれた

事のはじまりは2月7日、東京スポーツの記事だった。

この記事では、オブジェについて尋ねられたボランティアスタッフの返答を「モルゲッソヨ(わかりません)」と書いた。

おかげで日本のSNSユーザーは、このオブジェをそのまま「モルゲッソヨ」と呼ぶようになった。それにとどまらず、AAが爆誕した。

他にも、ダークソウルだったり、タイガーマスクのキャラクターを思い浮かべる人も。

ラテアートにもなりました。

 

 

ちなみに、日本でのバズり具合は、韓国のネット民にもちゃんと伝わっていました。

平昌アルペンシア前に鋼鉄亀頭人間像が立っているのが、日本のTwitterで知られて気に入られているそう。地域住民に尋ねると「わかりません」と答えて「モルゲッソヨ」と呼ばれている模様。

■モルゲッソヨって結局、なんなの?

話題となったオブジェは、作家のキム・ジヒョンさんが2009年に発表した「銃弾マン」という作品だ。

この作品は、2013第1回江原道国際美術展覧会を経て、アルペンシアリゾートに設置されており、現在、江原道文化財団が所有している。

 2009年の「ソウル新聞」の報道によると、この作品は「かっこいい体、富、名誉などへの人間の欲望を具体的なイメージで表現した」という。

ハフポスト韓国版から翻訳・編集・加筆しました。

この動画を見てからどうしてもこの曲が浮かんでしまって離れない…………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

買い目配信の受け方

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前で見せました

 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ