まだ自撮り棒で消耗しているの? 人前で堂々と使える「自撮りレンズ」の時代がやってきた (;^_^A

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m


人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

驚愕の企画 第一弾!!「塾生の権利、1か月だけですが全て経験できます」こちらをクリック

驚愕の企画 第二弾!!「塾生だけしか経験出来ない『一生の財産になるレクチャー』に、無料で1回だけ参加出来ます」→こちらをクリック

twitter→https://twitter.com/realkeibatoushi

Facebook→https://www.facebook.com/riarukeiba

********************************************************

 

自撮り棒は、オッサンが使うと結構絵にならないので、私はこれを使っています。(; ̄ー ̄A

 

ニュース元

セルフィーの流行はとどまることを知らず、家電量販店に行くと自撮り棒がずらりと並んでいる。これまで、オーソドックスな4段階伸縮型の自撮り棒や、全長84.5センチでフレキシブルタイプの自撮りアームなどを紹介してきたが、やはり人前で使うには抵抗があり、常に羞恥心と戦ってきた。さらに、最近ではほかの参加者に迷惑がかかることを懸念してか、Appleの年次開発者会議「WWDC15」や東京ディズニーランドでの使用が禁止されるなど、自撮り棒に逆風が吹いている。

そんな自撮り棒に代わり、よりお手軽にセルフィーができるのが上海問屋の「スーパーワイド自撮りレンズ」(DN-12953)だ。拡大倍率0.4倍の広角撮影ができ、集合写真や1人旅での自撮り写真に役立つ。レンズ口径は30ミリ、重量は約30グラム。脱着が簡単なクリップ式で、機種を問わず利用できる。レンズキャップとポーチが付属するため、持ち運びにも便利。価格も999円(税込、送料別)とお手頃だ。また、期間限定セールを行っており、4月29日8時59分までは799円で購入できる。

自撮りレンズ 1

レンズ口径30ミリの「スーパーワイド自撮りレンズ」

 

自撮りレンズ 2

インカメラにも装着できる

 

自撮りレンズ 3

クリップ式なので脱着は簡単

 

自撮りレンズ 4

レンズキャップとポーチが付属する

 

自撮り棒に比べて、以下のようなメリットとデメリットがある。

自撮りレンズ 5

実際に自撮りレンズを使った場合と、使わなかった場合の写真を比べてみよう。その違いは一目瞭然。

自撮りレンズ 6

通常の「iPhone 5」カメラで撮影(写真=左)。レンズを装着。広い角度で撮影できた(写真=右)

 

自撮りレンズ 7

自撮りレンズ 8

飲み会の集合写真も、自撮りレンズがあれば大人数でも大丈夫(下がレンズ使用時)

 

自撮りレンズ 9

 

通常のカメラでアップ撮影(写真=左)。自撮りレンズではゆがみが発生する(写真=右)

 

自撮りレンズ 10

正しい位置でレンズを装着しないと、ケラレが発生してピントも合わない

 

広角レンズを使うと遠近感を伴うゆがみ(パース)が生じる。画面端ほど大きくパースがかかり、端から中心に向かって収束していくので、風景や建築物、ローアングルからのカットなどを撮ると面白い写真が撮れる。というわけで、ほかの作例も見ていこう。

自撮りレンズ 11

パースがかかって端にある建物ほどゆがんで見える

 

自撮りレンズ 12

広く風景を収めるときに便利

 

自撮りレンズ 13

広場全体を撮影できる

 

人前で堂々と使えるはずなのに……

作例で見てきたように、広角レンズは自撮り以外にも味のある使い方がいくつかある。人の顔のアップを撮ると各パーツが強調されてなかなか面白いのだが、あまり他人の顔にカメラを近づけるのも気が引けるので、人形で試してみた。鼻の部分が強調されて一風変わった仕上がりになる。

自撮りレンズ 14

通常のカメラで撮影(写真=左)。広角レンズを使うと顔の中心が手前に浮き出たような感じになる(写真=右)

 

自撮りレンズ 15

通常のアップ撮影(写真=左)。広角レンズのときは鼻や口が強調されて、違う人形にすら見える(写真=右)

 

嫌でも目立つ自撮り棒と異なり、自撮りレンズなら公共の場でも自然に使える。これまで肩身の狭い思いをしてきたけれど、これからは堂々と撮影を楽しめる。社内でも人通りの多いリフレッシュスペースではあったが、気が付けば夢中になって写真を撮っていた。

 

過去記事はブログをご覧下さい

http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

 

買い目配信の受け方

 

 

無料で公開中

完全なる競馬投資の具体的なステップを無料で公開中

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前でお見せしました。


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ