アメリカの小学校で斬新な試み。お仕置きの代わりに瞑想を取り入れたところ問題行動が減少

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

私が小学校の頃は良く職員室に立たされたり、担任の先生にムチのような物(小さい時はそう見えたけど)叩かれたり話すと長いので省略するけどグラウンドをカナヅチを持たされて一周したりしてました。

まあ悪戯ばかりしていたので仕方が有りませんが。(;^_^A

しかしこの方法は日本でも授業の一コマに加えるべきではないだろうか。

なぜなら小さい頃はいろいろな物に興味を抱いて落ち着きがないので「一度落ち着いて周りを見たり考えたり」することも大事かも。

 

ソース元

昭和の子どもであるパルモの場合にも、宿題を忘れたり、授業中ざわついていたりするとそれなりのお仕置きを与えられていたもんだ。漫画のようにバケツをもって廊下に立たされたりはしないものの、正座させられたり、鈍器のようなもので殴られたりとかは日常茶飯事だった。うん、割と問題児だったもんだから。

今でこそ体罰とか言われているが、それがあたりまえだったし、親も「どんどんやっちゃってください」の方針だったので、お仕置きは日常業務だったけど、懲りることはまったくなかった。

所変わってアメリカでも、生活態度に問題がある生徒はそれなりの罰則があるのが一般的だ。だが最近、メリーランド州の小学校では、地元のボランティア団体の協力を得て、罰を与える代わりに瞑想やヨガを行わせるという取り組みが始まったそうで、それが効果を生んでいるという。

 

米メリーランド州ボルチモアにあるロバート・W・コールマン小学校では、問題のあった児童たちに居残りをさせるわりに瞑想を取り入れている。

瞑想室の内装は、規則を守らない子どもを罰するために放り込む窓のない反省部屋とはかけ離れた、明るい色の安らぎの場となっている。

これはホリスティックライフ・ファンデーションという地域の非営利団体の協力により進められているホリスティック・ミーと呼ばれる放課後プログラムの初歩で、行動学の専門家が子どもたちとカウンセリングを行いつつ、瞑想と呼吸法を教えるのだ。

この小学校では2年前にこのプログラムの一部を取り入れて以来、かなりの効果が得られており、停学処分になる生徒は一人もいなくなったという。参加する生徒からも、テスト前に呼吸をすることで自分を落ち着かせることを学んだり、悪いことをすると自分に返ってくることに気づいた、という感想が寄せられている。

このプログラムはリラクゼーションやストレス緩和だけでなく、平和的な解決の仕方の習得、集中力の向上や自己制御、自分の感情や思考に耳を傾けるような習慣を促すもので、瞑想と呼吸法のほかにヨガなども取り込んでいる。さらにスポーツでチームワークを学んだり、勉強の個別指導を受けられるプログラムも用意されている。

なお、この団体が進めるプログラムは幼稚園からおよそ5年間で終了する。これを卒業した生徒は、団体のボランティアや社会奉仕活動に参加することで、大学進学時に希望の大学の面接を受けたり、学費支援を申し込む資格が得られる。

また、この団体はメーカーやスポーツなどの企業と提携しているため、進学せずに就職を希望する学生も就職活動の支援を受けることもできる。もちろん団体の研修をおさめたのち、取り組みを手伝う仕事に就くこともできる。

団体によると現在、こうした放課後プログラムの出席率は85%以上で、参加した生徒のその後は支援を受けて大学に進学したり、家庭教師やヨガのインストラクターとしてボランティアに戻り、プログラムに参加する子どもたちの指導のほか、地域の清掃や学校の菜園作りなどの活動を行っているという。

こうした取り組みはこの小学校だけではなく、米国内の別の学校でも採用され始め、イギリスの教育機関も興味を示している。

怒りや感情の制御ができなかったり、じっとすることがつらく苦しんでいる子どもをひたすら罰するのではなく、彼ら自身にその悩みと向き合う機会を与え、社会的な成長を支えるという取り組みは今後も注目を集めそうだ。

via:boredpandahlfinc・translated D/ edited by parumo

Click Here

 

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ