アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

単に「こんな本もある」と言うことを紹介したいだけなので、政治的コメントや意見はご遠慮下さい。

もしそのようなコメントが書かれた場合、不本意ながら削除させて頂きます。

 

私は右でも左でも無いけど、事実を知りたいだけなんです。

この手の記事を載せると、物事を冷静に判断出来ない極端な人が来るので困ったもんです。┐( ̄ヘ ̄)┌

 

ソース元

大東亜戦争や日本について書かれた洋書を読むと、日本に対して批判的なものばかりが目につきます。よくこんな文章を見かけます。「主な歴史学者は、日本が20万人もの朝鮮人女性を強制的に性奴隷にしたと考えている」

しかし、私はそう思いません。なぜなら、そういう歴史学者は、ほとんどがアメリカ人だからです。彼らは自分たちの国が世界で一番優れた社会だと思っており、現代のアメリカ社会を世界標準のモノサシと捉えています。

もしも今、あなたの国がアメリカと違っているなら、あるいは過去のあなたの国が今のアメリカと違っているなら、それはよくない、正さなければならない、と思っています。そういう理由で、多くの西洋人の歴史家、といってもそのほとんどはアメリカ人ですが、日本の慰安婦システムを批判します。

私はアメリカで生まれましたが、彼らと違って、アメリカが世界一優れた国だとは思っていません。私は子供の頃から、アメリカ人は一生懸命仕事するよりも、自慢することに熱心なように見えました。

アメリカ人は自分がアメリカ人に生まれたというだけで、特別扱いされるのを当たり前だと考えています。

今アメリカの大学で教えている歴史学者は、たとえばポリティカル・コレクトネス(政治的に公正・中立で、なおかつ差別・偏見を防ぐ目的の表現)をはじめとする現代のアメリカ社会の考え方に反する言動はできません。

アメリカのフェミニストたちは、慰安婦は性奴隷であり、今の日本人はそのことについて罪の意識を持つべきである、と断言しています。もしアメリカの歴史学者がこの考え方と違うことを書けば、職を失います。フェミニストたちはその歴史学者が所属する大学に対して、彼が辞めるまで圧力をかけます。

私は人生の大半をアメリカの外で送ってきました。私はどの学校にも雇われていないので、中立の立場で意見を述べることができます。多くのアメリカ人は、私は長く日本に住んでいるせいで、日本に洗脳されたのだろう、と揶揄します。

私は42年間、日本に住み、日本語で本を書けるぐらい日本語を学びましたが、それが洗脳だとは思えません。私は、おそらく勉強になったと考えています。

主な歴史学者は、日本には性奴隷システムがあったと非難しますが、戦時中のアメリカの社会はそれほど素晴らしいものではありませんでした。当時の黒人の置かれていた状況や、女性の地位を見れば分かります。

日本は、アメリカとは違う道を歩んできました。私は日本の方が素晴らしい道を歩んできたと考えます。基地の周辺で行われている売春にまつわる問題を解決するには、日本の慰安婦システムは実によく考えた方法だったと思います。

今のアメリカ人は、道徳的な理由で、自国の兵士は売春婦を買うようなことはしない、と思いたいようです。しかし、それは事実ではありません。世界中のアメリカ軍基地の周辺はたいてい、不法で危険な状態にあります。

この本ではまた、日韓問題で韓国を強く批判していますが、これはヘイトスピーチではありません。私が心から願っているのは、韓国人は、もう日本のせいにするのはやめて、自分たちの社会の問題を自分たちで解決できるようになってほしい、ということです。

真実を語ること、それはヘイトスピーチではありません。

マックス・フォン・シュラー

 

 

真実を語れ、恐れるな! 『アメリカが隠しておきたい日本の歴史』 産経ニュース

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ