エボラ出血熱で目の色が変わる。治療から数か月後、青から緑へと変貌するケースが報告される。( ̄◇ ̄;)

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

私の志です→こちらをクリック

驚愕の企画 第一弾!!「塾生の権利、1か月だけですが全て経験できます」こちらをクリック

驚愕の企画 第二弾!!「塾生だけしか経験出来ない『一生の財産になるレクチャー』に、無料で1回だけ参加出来ます」→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi

Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

******************************************************************

 

ニュース元

エボラ 1

昨年10月、医師のイアン・クロジャーは、エボラ出血熱に感染したが回復し、エモリー大学病院を退院することができた。ところが、数か月後、クロジャーは左目に痛みを覚え、視力が低下、数日で目の虹彩の色がブルーからグリーンに変わってしまったという。

 

クロージャーは、シエラレオネで世界保健機構のボランティア医師としてエボラの治療にあたっている間に発症した。クロージャーの担当医たちは、エボラウィルスが目に感染したのではと考えたが、当初は目からはウイルスは検出されなかった。

クロージャーの血液中からはウィルスが検出されなくなったので、エモリー病院を退院した。感染から数か月はたっていた。ウィルスが精液中に数か月居座った可能性はあるが、回復後はほかの体液からは検出されていなかった。ところが、その後の検査で目の変色の原因はやはりエボラウイルスであること判明しようだ。

専門家の目を欺いていたウイルスは目の内部を循環して栄養などを与える「房水」から検出されたという。

エボラ 2

クロージャーが体験したようなこうしたポストエボラ症候群は、関節や筋肉の痛み、疲労、難聴など、多くの症状があり、西アフリカの患者からも報告されている。これらの症状がどれくらい共通しているのか、その重症度や持続性についてははっきりしていない。死亡しなかったが、完全に盲目になってしまったり耳が聞こえなくなってしまった患者の報告だが、裏付けがとれておらず不確かだ。

クロジャーの担当医たちですら、エボラの長引く影響についてよく理解していないことは、いかに我々がエボラについて知らないかを如実に表している。その重症性、不治の病か否か、人畜共通の伝染病なのかといったことを見極める感染性疾患の研究はだいたい困難だ。

エボラ 3

エボラウィルスは、いろいろな意味で計り知れない病気だ。恐ろしい病であるだけでなく、いまだにその全貌をあらわすことなく謎めいている。それはまさに恐怖そのものなのだ。

ウィルス学者のカール・ジョンソンは、まだエボラがその名をもつ前の1976年、ザイールでその不可解な症状を目の当たりにしていた。しかし、状況はその頃となにもかわっていないという。

当時医療関係者も含め、世界中の人たちはただ恐怖に怯えるばかりで、体への影響をちゃんと研究しようとしなかった。正しい研究のためには、しかるべき病院施設の連携、BSL(バイオセーフティレベル)4のラボ、献身的で熟練した医師といったきちんとした環境が必要だ。

「次にエボラの大流行が起こったら、アフリカの小さな村の派遣医師がいるだけの診療所では手のうちようがない。エボラを封じ込めて、単に冷凍サンプルにするだけでなく、強固な監視体制のある研究施設を作り、人体内で猛威をふるう感染について研究するべきだ」。とジョンソンは語る。

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島に?)→ こちら

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい

http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

 

買い目配信の受け方

 

 

無料で公開中

完全なる競馬投資の具体的なステップを無料で公開中

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前でお見せしました。


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ