シュミレーションは、将棋や囲碁と同じ。

かみさんのいる地域では、台風13号(英語名 メーギー)の影響もさほどなく、ホッとしています。

 

さて、タイトルの「シュミレーションは、将棋や囲碁と同じ。」ですが、よく質問で「1番人気が、来る来ないの見方」とか、「オッズの境目の見つけ方」とかで、絶対わかる方法を教えて下さいという方が多いのですが、基本はマニュアル通りで良いのですが、それ以上制度を上げるには、将棋や囲碁の練習と同じで「どれくらい過去の対局をシュミレーションしたか」で、決まると思います。

 

競馬の場合は、過去のシュミレーションをいかにやったかですね。

 

「この絵面の時は(グラフ)ここに的中する」とか「10分前から5分前のオッズの動き」とか「絵面と複勝の関係」とかを、如何に多く見たか、または経験したかによって、「これは1番人気が来るな」とか「馬実績ではここまでだけど、開いているのはここしかないな」とか、逆に「馬実績ではここだと言ってるけど、これは無いよな」とか、だんだん見えて来ます。

これは、私からの 買い目の配信や、印の位置を見るとわかると思います。

 

 

 

ただ、最後は体調の良さとメンタルの強さですが、これが多分1番難しい部分だと思います。

(; ̄ー ̄A ケツダンリョク

 

 

コメントユルシクナ~( ̄(エ) ̄)ノ

 

 

 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ