ジャカルタの鉄道は、駅も「日本」を見習った

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

*****************************************************************

この頃フィリピンも含めて、発展途上国の進化が凄いです。

また、日本の技術を取り入れてもらえることも、大変嬉しいことですね。(⌒-⌒)

 

ソース元

以前からあった数少ない木製のベンチは「優先席」に活用。遠くにあるのが最近作られたパイプ製のベンチ(Omat Boncehさん撮影)

 

「非接触式ICカード導入」に「駅からマップ」の掲示、ホームにはベンチや点字ブロックを設置、そしてグッズショップがオープン――。1000両近い日本製中古車両を走らすジャカルタ首都圏電鉄(KCJ)の駅が着々と進化を遂げている。

新たにできた設備の多くは、現地のインドネシア人スタッフたちが、「車両が日本製なのだから、駅などの施設も日本流にしよう!」とアイデアを絞って努力した結果、形になった成果だ。

どのような形で「日本の鉄道文化」が持ち込まれたのか、詳しく見てみることにしよう。

石井大使の鉄道車輌整備工場訪問とジャカルタ首都圏鉄道乗車

 

 

駅のホームにベンチを設置

「私たちの駅にもベンチが欲しい」

「日本の駅には座って電車を待てるいすが置いてありますよね。私たちの駅にももっと増やしませんか?」

JR東日本からKCJへ出向している前田健吾ジェネラルマネジャー(取材時点)のもとに、現地スタッフからこんな提案が舞い込んだ。

KCJではどの駅もベンチは限られた数しかなく、多くの利用客は立ったままか、柱の土台などに腰掛けたりして電車を待つしかない。それを当たり前だと思っていたKCJのスタッフは、日本を訪れて驚いた。

「どんな小さな駅にもベンチがある!」。日本では当たり前の設備である「駅のベンチ」が、訪日したスタッフたちには、新鮮なものに映ったようだ。

前田氏は「鉄道事業者にとって、安全安定輸送は大切なことだが、旅客サービスの改善も並行して行うのも重要だ」と考え、すぐさま設置を実践に移した。

出来上がったものは、いすというより腰を軽くかけて休むことができる金属パイプ製のスツールだが、高温で雨が多いインドネシアでの耐久性を考えると、プラスチック製のベンチなどよりはるかに長持ちする。現地のスタッフたちも「ユーザー思いの設備ができた」と満足しているという。

左側にステンレス製のベンチがありますね

 

スタッフたちの「思いつき」で鉄道ファン向けのグッズショップも開設された。場所はKCJの本社があるジャカルタ中心部のジュアンダ駅の一角。今年1月末に開かれたこのお店は「Cコーナー」と名付けられた。

つい数年前まで、日常の運行さえおぼつかなかったKCJだが、一気にファン層の開拓まで着手できるレベルまで進化。同社が急速に発展していることを示す一例といえるだろう。

前田氏は、KCJのグッズショップが生まれた理由として「JR東日本からの出張者がジャカルタまでお土産として持ってくる『スイカ(Suica)』のペンギングッズが影響を与えたようだ」としたうえで、現地スタッフたちが「われわれもこんなようなグッズを作って販売しようと思いついた」と話す。

ショップでのいちばんの売れ筋商品はTシャツ。また、コンパクトに持ち運べる折り畳み傘も、インドネシアでは珍しいとあって意外と売れているそうだ。

 

ジャカルタ中心部・ジュアンダ駅にあるKCJのグッズショップ「Cコーナー」(高木聡氏撮影)

 

KCJのグッズショップには205系をはじめ東京メトロ千代田線を走っていた6000系、東西線の05系など、KCJで現在走っている車両の先頭車形状をモチーフにしたクッションをはじめ、キーホルダー、Tシャツなどがそろっている。

これらのグッズはインドネシアの鉄道ファンだけでなく、日本人マニアの注目も集めている。今後KCJに日本のような「ゆるキャラ」や「アニメキャラマスコット」などが登場したら、グッズの販売がさらに伸びるのかもしれない。

 

駅の設備や案内板も拡充

ジャカルタではこれまで、公共交通機関への信頼度が高くなく、かつてはオートバイ、いまは自動車による「ドア・ツー・ドア(door to door)」の移動を好む人が極めて多い。

そのうえ、インドネシアは赤道近くにあって、1年を通じて暑いことから、道路を歩く習慣もあまりない。ジャカルタでは自家用車の数が増えすぎた結果、「市内にある車の面積の総和」が「道路面積の総和」よりも大きい、という異常事態になっているとさえ言われる。

しかし、前田氏らの努力もあって電車の安定運行がある程度担保されるようになって以来、ジャカルタ周辺のある街から市内に向かう足としてKCJを利用する人が増えているほか、KCJから「トランスジャカルタ」に乗り継ぐ通勤客が着実に伸びている。

そうした中、一部のKCJ駅には、出口にバス停までのルートや周辺の主要な建物・観光スポットへの行き方がわかる地図を掲げるようになった。地図を見る習慣があまり普及していないインドネシアで、「駅からマップ」がどうインパクトを与えるかは未知数だが、新たな日本流の取り組みとして評価したい。

さらに、駅のプラットホームや改札口へのルートなどに、目の不自由な人向けの黄色い点字ブロックが設置されるようになった。

もっとも、駅によっては通路の足場そのものが悪く、バリアフリーへの取り組みまでにはまだ先が長いという状況もあるものの、ジュアンダ駅をはじめ、都心の駅から徐々に取り付けが始まっている。

前田氏は、「日本風設備の導入を『インドネシアでは時期尚早』と決め付け、彼らのアイデアややる気を潰してしまうのはよいことだと思わない」と指摘。

「彼らがやってみたいということを積極的に実践させ、結果を出すことで成功体験が積み上がる。その結果、安全安定輸送の達成という鉄道事業者にとっての『メインのビジネス』にもよい結果をもたらす」と話している。

 

日本製の「FeliCa」、ジャカルタで利用範囲拡大も

KCJでは2015年、ソニー製の非接触式ICカード(電子マネー)「フェリカ(FeliCa)」を導入した。これは、スイカをはじめとする日本の鉄道事業者が発行するカードと同じ方式のもので、スイカなどと同じように長期にわたって繰り返し使えることができる。

一方でKCJは、フェリカ導入に先立つ2013年から「ISO/IEC 14443 TypeA」と呼ばれる方式のICカードを使っているが、通信速度が遅いうえ、初回購入から7日間しか使えないという欠点があり、通勤・通学などに常用するには面倒だ。

 

左側がコンビニでも使えるようになったKCJ発行のFeliCa。

右側は乗るごとに毎回チャージする手間を伴うICチケット(筆者撮影)

 

KCJ発行のフェリカはこのほど、インドネシアのコンビニ大手「アルファマート」での支払いにも使えるようになった。これは、「駅ナカビジネスを推し進めるJR東日本の各駅にある店舗で電子マネー支払いができるアイデアや仕組みを取り入れたもの(前田氏)」だという。

電子マネー利用範囲の広がりはコンビニだけではない。ジャカルタでは近く、KCJとトランスジャカルタだけでなく、市内を走る公共交通機関で使われる運賃決済システムを統合した電子マネーシステム「コネクションカード」が導入される運びだ。

これは、運輸省傘下のジャカルタ首都圏交通機構(BPTJ)を通じて発行されるもの。

現在建設が進められている3つの新規鉄道(空港鉄道、市街地を縦断するジャカルタ都市鉄道、中心地と東郊外をつなぐ軽量軌道交通)でも使用できるようになる見込みで、日本と同様、カードが1枚で各交通機関をシームレスに乗れるようになる。

BPTJのエリ・アドリアニ・シナガ理事長は同カードについて、「インドネシアでも日本のスイカのように、電子マネーが交通機関だけでなく、自動販売機や商店などで共通利用できるようになる」と指摘。

近い将来、電鉄系会社主導で発行されるソニー製のフェリカがインドネシアで広く普及する可能性を示唆しており、言い換えれば、鉄道のコアビジネスだけでなく、関連インフラの整備で日本の技術が積極的に取り入れられた一例と位置づけることができよう。

日本製中古車両の輸出をめぐっては、せっかく現地で走り出しても、短期間のうちで運行が打ち切りになってしまうことが少なくない。

旅客需要予測が甘い、という事情があるのかもしれないが、補修用交換部品の不足、メンテナンス技術が未熟で車両のコンディションを維持できないといった要因が大きいようだ。

 

 

メンテナンスは日本人スタッフの指導を受け、ずいぶんと向上した(筆者撮影)

 

KCJの鉄道マンたちが定時運行に向けて日々努力する傍ら、駅の整備をも日本流を取り入れようとする姿勢は、他国の状況と比べると極めて「進歩的な状況」といえるだろう。

 

南武線で失くしたスマホが海外にあったワケ

 

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ

にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ