スーパーのパック寿司をレンジでチンすると「本格的な寿司屋の味」になる! 嘘かと思ったらマジだった / イカが特にウマい

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング

 

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

****************************************************************

本当かな~~~、今度やってみるか (;^_^A

確かに買って来たばかりとか、冷蔵庫にから出したばかりの時は冷たすぎると思うけど。

 

 

ソース元

この記事を読む前に言っておくッ! 俺は今、あるライフハックを体験した……い……いや……体験したというよりは、まったく理解を超えていたのだが……。

あ……ありのまま、いま起こった事を話すぜ! 「スーパーのパック寿司をレンジでチンしたら、寿司職人が握った味になっちまった」。嘘じゃねえよ、マジなんだよ! 詳細は以下のとおりだ。

・寿司をレンチンしてみた

「スーパーのパック寿司をレンチンしたら、本格的な寿司屋の味」。いやいやいや……寿司のネタは基本的に生ものじゃないの! 新鮮ピチピチだからこそ寿司なはず。それをレンジで加熱するとは何事か。それに酢飯を温めたら、気持ち悪い味になりそう。

そう思った人も多いだろう。だがしかし!! 温めることで驚くべき変化が起こったのだ。もちろん良い意味で!

・500Wで30~40秒

いろいろ試した結果、2人前ほど入ったものだと500Wで30~40秒が適していると判明。加熱時間は機種や量によって変わってくるが、シャリがほんのり温かくなった頃が食べごろだ。

さっそく食べてみると……美味しいーッ!! 口のなかでネタとシャリが渾然一体となり、まるで腕のいい職人さんが握ったような寿司の食感だ……えええ、なんでこんなに味が変わっちゃったの!?

・シャリはふんわり! ネタが瑞々しさを取り戻す!!

そのウマさの秘密はシャリの変化だ。長時間、冷蔵ケースに入って、少し固くなったシャリが、温めることでほぐれ、空気を抱くことで絶妙な食感に。加熱による酢飯の味も変化はなく、むしろほんのりした温かさが、職人による握りたてのぬくもりのよう。

こりゃ『美味しんぼ』の山岡さんがいたら、いますぐ寿司をCTスキャンにかけるレベル。元ネタを知らない人はコミックス1巻orアニメ第9話「寿司の心」を参照ね!

ネタも柔らかくなり瑞々しさを取り戻している。さすがに「超絶高級店」とまでは言わないが、確実に全国区の爆安回転ずしチェーンよりはウマい。ゲタで出て来るようなちょっとイイ寿司屋の雰囲気は十分味わえるぞ。

・レンチン寿司オススメのネタは?

何種類か試したが、オススメは何と言ってもイカ! スーパーの寿司のイカは固いイメージがあるが、温めることで柔らかくなり食べやすさアップ。甘みを増していた。これは絶対に温めるべきだ。

サーモンは舌触りなめらかになってウマー。そしてエビはプリップリのプリンッとした食感になり満足感も倍増だ。少し加熱しすぎてしまったものもあったが、それも表面だけの話。“炙り” みたいになって、これはこれで良かった。

ほんの少しの手間で、1パック数百円の寿司でも幸せを味わうことができる。こんなにコスパいい贅沢はあるだろうか? スーパーでお寿司を買ったら、ぜひ試してみてくれよな!

 

安定のサーモン! 食感がよりなめらかに

 

イカの変化が特にすばらしかったです、甘みマシマシ~

 

ああああ、火通り過ぎたァァァッ! いや、心配はない。“炙り” のようになってこれはこれで良しだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

買い目配信の受け方

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前で見せました


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ