トラックからドローンが飛び立ち荷物を配達。アメリカの運送会社UPSの新たなる配送システム

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

なんか、サンダーバードの世界が現実に近づいたような。(; ̄ー ̄A

 

 

ソース元

via:businessinsiderhight3ch

通販で購入するのが当たり前となった昨今、配送業者も大変だ。日本のヤマト運輸も増え続ける荷物に人手が追い付かず、配達料金の見直しが迫られている。

そんな中、アメリカの大手貨物運送会社UPS(関連記事)は、農村部などの郊外の配送業務の効率化を図る手段の一つにとして、ドローン付き配達トラックの運用を視野に入れ開発を進めているという。

これは配送先に向かうトラックにドローンを積み込んでおき、所定の場所からドローンに小包を配達させるというもので、遠隔地の配送地点に向かうドライバーの走行距離の軽減を見込んだものだ。

 

For More Efficient Package Delivery, UPS Turns to Drones

 

UPSの最新配送技術

この動画は今年2月20日にUPSが公開したもので、トラックは複数のドローンを運べる新型ハイブリッド車だ

 

最初に、ドライバーが車内でドローンに小包を取り付ける

 

ドライバーはドローンに配達先の住所を送り、車内のタッチスクリーンでドローンを空中に開放する

 

配送先に出発するドローン

 

ドローンが飛んでいる間にドライバーは次の配送地点に向かう

 

仕事を終えたドローンはトラックの場所に戻る

 

着いたドローンは充電され、ドライバーはこの作業を繰り返すことになる。つまりUPSは配送トラックの屋根をドローンの駐機場にするのだ。

 

なお、今回使用された配送機は、ドローンメーカーであるWorkhorse社製の自立型ドローンHorseFlyだ。このドローンは30分間飛行し、4.5kgの小包を運ぶことができるという。

 

効率化と節約

UPSはこれまで約100年にわたり小包の配達技術を磨き続け、世界最大の運送会社となった。そして長年の経験から、自社の業務に最も重要なのは効率であるという結論に至った。

そこで考案されたのがこの配送法であり、UPSが思い描く将来の配送スタイルなのだ。

これらのドローンは配達用の補助マシンとして働くことになり、ドライバーの運転距離を節約することになる。もしすべてのドライバーが1マイル(約1.6km)ずつ配送距離を減らすことができれば、UPSは年間約60億円の費用を節約できる。

 

UPSが思い描くドローンの役割

また、同社はこうした自立型ドローンにいくつかの展望を抱いている。例えば倉庫の在庫管理や緊急の医療用品の配達など、様々な用途が考えられる。

なお、この技術はテスト段階に過ぎない。今回の試験は、農村地域などの郊外でドライバーが遠く離れた配送地点に向かうケースを想定したものだが、UPSはこうしたサービスを開始する具体的なスケジュールは立てていないという。

とはいえ、ここまで試験が進んでいるところを見ると将来的にUPSの配送トラックは小包を積んだ複数のドローンが離着陸を繰り返す、いわば空母のような機能を果たす可能性はかなり高そうだ。

 

アメリカの場合、送り主が受取人のサインを不要としている場合、またよほどの貴重品じゃない限り、家主がいない場合には玄関に荷物が置き去りになっている場合が多い。これにより再配達の手間は防げるのだが、トラブルも多い。

日本の配送会社は本当にすごくきめ細やかで、不在の場合は不在票を入れ、再度また来て、それでもいなければ何度も配送に来てくれたりなんかする。というか配達日時指定とかアメリカの場合あってないようなもんくらいにほとんど守られてないしね。

日本の場合は宅配ボックスをもっと普及させて、あとやはり人里離れた地域の場合には、ドローンもありなのかもしれない。

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ