フィリピンの巨星 懸念を打ち消す復帰を飾ったパッキャオ (≧∇≦)b

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*************************************************

ドゥテルテ大統領の次は、パッキャオ復帰勝利 (≧∇≦)b OK

フィリピン中が沸いているだろうな。

 

ソース元

パッキャオが再びタイトルホルダーに

1

引退から7カ月ぶりの復帰戦で勝利し、再びタイトルホルダーになったパッキャオ【Getty Images】

 

「毎ラウンドに渡ってダウンさせようとしたが、一方で不注意にならないようにした。カウンターを取ろうとしていたから、懐に入る際には気を配ったよ」

試合後のそんなコメントを聴いても、今のマニー・パッキャオ(フィリピン)にはかつてボクシング界を席巻したデストロイヤーらしさを感じられない。しかし、全盛期を遥かにすぎても、野生的な迫力を失っても、パッキャオが依然として世界最高級のボクサーであることを証明する戦いではあったのだろう。

現地時間11月5日――。ラスベガスのトーマス&マックセンターで行われたWBO世界ウェルター級タイトル戦で、挑戦者のパッキャオは王者のジェシー・バルガス(アメリカ)からダウンを奪って判定勝ち(118−109が2人、114−113が1人)。7カ月間の“短い引退”後の復帰戦を制するとともに、比国の英雄は再びタイトルホルダーに返り咲いた。

 

忙しすぎるパッキャオに疑問視も

2

議員の仕事との両立に疑問視を持たれていたが、その影響を見せない戦いぶりだった【Getty Images】

 

「最初は彼のスピードに驚き、目を覚まさせられた。第3ラウンドのダウンは彼のスピードによってもたらされたもの。クイックなパンチは見え辛いから避けるのが難しく、ああやって倒されてしまうんだ」

試合後、タイトルを失ったバルガスはそう語り、老雄のクイックネスとスピードに脱帽した。中でもタフな王者に尻餅をつかせた第2ラウンドのパッキャオの左ショートのカウンターはお見事。そして、何より印象的だったのは、37歳になったパッキャオが依然としてフルラウンドを動き続けるスタミナを誇示したことである。

今回の試合前、今年5月に上院選挙で当選し、議員になったパッキャオのタフなスケジュールが話題になった。昼間は国会議員として働き、朝、晩にトレーニングをこなす日々。これまでの下院よりずっとハードだと言われる上院での義務をこなしながら、復帰戦に向けて満足な調整ができるのか。

「2つ(ボクサー&議員)を合わせたら仕事の時間は14時間にも及ぶ。ジムは上院のすぐ近くだから、幸いにも交通渋滞に苦しむ必要はない。ただ、友人に会ったりする時間はなく、仕事とトレーニングで1日は終わるんだ」

ファイトウィーク中にはパッキャオ本人もそんなコメントを残していた。スケールの大きな二足のわらじの聴こえは良いが、あるフィリピン人記者は「パッキャオが2つを両立させようとすることに好意的な国民ばかりではない」とも述べている。そして、今戦ではその常軌を逸した忙しさの影響が出ても不思議はないとも囁かれた。

 

10歳若いバルガスがスタミナ切れだった

しかし……バルガス戦でのパッキャオの動きは、そんな一部の懸念を打ち消すに十分なものだったのではないか。

第2ラウンドにダウンを喫した後も、バルガスは中間距離でじっくりと構え、右ストレートと左フックでカウンターを狙ってきた。中盤ラウンドにはパッキャオが特に右ストレートを浴びるシーンも度々。危険を感じたフィリピンの雄は、以降は深追いはし過ぎず、様々なアングルからパンチを繰り出して慎重にポイントを集めていった。

「パッキャオとの対戦はチェスを速いペースでプレーしているかのよう。常に気を配っていなければならない。多くのパンチが飛んでくるからね」

バルガスも感嘆した通り、頻繁にギアを切り替えてスピーディな連打をまとめてくるサウスポーに対処するのは並大抵のことではない。年齢を重ね、KO勝利から遠ざかっているパッキャオだが、その過程でペース配分とポイントの取り方は向上している印象がある。案の定、終盤にスタミナを失っているように見えたのは10歳も若いバルガスの方だった。

今年4月のティモシー・ブラッドリー(アメリカ)戦に続き、バルガスも明白に下し、これで実力者に2連勝。パッキャオはまだ戦える。7カ月ぶりの実戦で答えを出し、来春にはさらなるビッグマッチが視界に入ってくるはずである。

 

リングサイドに陣取ったメイウェザー

3

リングサイドにはメイウェザーも観戦に訪れたが、その意味は……【Getty Images】

 

「フロイドが来た!」

パッキャオがリングに登場する前のこと。セミファイナルのWBO世界フェザー級タイトルマッチ、オスカル・バルデス(メキシコ)対大沢宏晋(ロマンサ雅)戦が佳境にさしかかった頃、筆者の座る記者席の背後からそんな声が聴こえてきた。

なんと無敗の5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(アメリカ)が通路から現れ、リングサイドに腰を下ろす。場の空気を変える存在感は健在。メイウェザーはそのまま娘とともにリング下に陣取り、パッキャオの試合を悠々と眺め続けたのだった。

49戦無敗のまま昨年9月に引退表明したスーパースターだが、現役復帰を予想する声は後を絶たない。今回はパッキャオが招いたというが、“マネー(金の亡者)”を自称するメイウェザーは単にファンとして試合を見に来る選手ではない。ライバルの招待を受け入れたことには、どんな意味があったのか。

 

2人の“マネーメーカー”の再戦は?

「ウェルター級なら誰が相手でも構わない。次もプロモーターが選んでくれた選手と戦うよ」

バルガス戦後にはそう述べたパッキャオの方も、注目度はすでに大きく下落し、ビッグファイトのオプションが数多くあるわけではない。上昇中のテレンス・クロフォード(アメリカ)は危険な上に知名度が低いし、対戦がよく話題になるアミア・カーン(イギリス)は5月のKO負け(対サウル・アルバレス)後はリングを離れている。キース・サーマン(アメリカ)、ダニー・ガルシア(アメリカ)といったウェルター級の強豪たちも、まだまだビッグイベントの顔になるにはスケールが小さい。そんな状況下で、現実的にパッキャオの相手役を務めて、一般的な関心を惹きつけられるのはメイウェザーだけである。

昨年5月に行われた第1戦の内容が不評だっただけに、リマッチが実現しても興行成績はガタ落ちが確実。ただ、PPV購買数(約460万件)、入場券売り上げ(約7200万ドル/約74億円)という初戦のとてつもない興行収入が半分から3分の1に減ったとして、依然として巨額が動くビッグイベントになることに変わりはない。

そして、手の内を知った選手を相手に再び莫大なファイトマネーを稼ぎ、キャリア通算50勝目を目指せるという意味で、パッキャオはメイウェザーにとっても美味しい相手だろう。だとすれば――。

パッキャオ、メイウェザーが再び相見えることがあるならば、ターゲットはおそらく来年5月のシンコ・デ・マヨ(メキシコの祝日)。すでに“世紀の一戦”ではなくとも、依然として興味はそそられる。再戦には一部のファンから反発も多いだろうが、結局のところ、ボクシング界のマッチメークはカネ次第。今後しばらく、近年のボクシング界が生んだ2人のマネーメーカーの行方に再び注目が集まることになりそうだ。

 

 

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ