フィリピン大統領ドゥテルテとは何者なのか・・・

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*************************************************

元ヤンキーが父の死を契機に改心し、その後猛勉強をして極悪非道な麻薬組織や汚職だらけの政府立ち向かい、成敗したというまさに勧善懲悪を絵にかいたようなストーリーが国民に大人気だと思う。

こんなストーリーは日本人も大好きだよね。(;^_^A

海外からはいろいろな批判はあるけど、ここまでしないと今のフィリピンは変わらないので大きな歴史的転換点だと思う。

ひょっとしたら100年後にはドゥテルテはフィリピンの英雄になっているかもしれません。

ソース元

1

麻薬犯罪者に対して超法規的な処刑もいとわないフィリピンのドゥテルテ大統領(写真:共同)

 

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領(71)が今、世界の関心を引き付けている。米国のオバマ大統領に対する侮辱発言、超法規的な処刑もいとわぬ「麻薬撲滅戦争」を始めるなど、スキャンダラスな人物としてとらえられているが、国内の支持率は8割超と圧倒的だ。

ドゥテルテは、既得権益の集積で凝り固まったフィリピン国家の非効率で腐敗した構造を、断固たる姿勢で破壊しようとしている。

規制の数だけ賄賂を求める役所の腐敗、故障ばかりの高架鉄道、5カ月ごとにクビを切られる短期契約雇用の横行、警察と犯罪集団がグルになった麻薬ビジネスの蔓延……。腐敗したシステムに対する怒りと不満が人々にドゥテルテの鉄拳を渇望させた。

 

弱き者への優しさも

その経歴を振り返えると、まるで「世直し義賊」の姿が浮かび上がってくる。

生まれはレイテ島マアシン町という海沿いの田舎町だ。父は華人系セブアノ人の法律家で、教師だった母はミンダナオ島の先住民マラナオ人(その多くがイスラム教徒)の血を引く。貧しい地方で生まれ育ち、社会的に周縁化された少数者の子孫であることは、ドゥテルテの人格形成に決定的な影響を与えた。

成人すると、マニラの既得権益層に反逆する一方、貧しい地方出身者やイスラム教徒、先住民には共感的な態度を取る。自身がさまざまな民族集団の混血であり、子どもがイスラム教徒と結婚し、8人の孫のうちイスラム教徒とキリスト教徒が半々であることを、国民融和の象徴として誇らしげに語る。

高校時代には悪友とつるんで悪名を馳せ、高校を2回退学させられた過去もある。その後、マニラのリセウム大学政治学部を卒業するが、エリートが学ぶ名門校ではない。

 

大学では後に共産党を設立するホセ・マリア・シソンに学んだ。庶民的な言葉遣い、「神を信じるが、どの特定の宗教にも属さない」と語るカトリック教会への反発、社会主義者を標榜する左派イデオロギーは、たたき上げの青年時代に身に付けたものだ。

2

父が亡くなると心を入れ替えて勉学に励み、父と同じ法律家になるべく法科大学院に進んだ。しかしここでも、彼の民族的出自を侮辱してイスラム教徒を差別した同級生を銃で撃つ、という事件を起こしている。ただ退学は免れ、司法試験にも合格。ダバオ市の検察局に就職した。

 

ダバオ市長を計22年務める

政治家への転身は、両親の影響が大きい。父ビセンテはセブ州の政治家一族の家系に属し、マルコス政権(戒厳令以前)の閣僚も務めた。一方、ビセンテの死後、母ソレダドはマルコス独裁政権を批判する側に回って、ダバオでは民主化運動を率いた。

マルコス政権を倒して1986年に大統領に就任したコラソン・アキノは、ソレダドの働きを評価してダバオ副市長への任命を試みる。だがソレダドは検事の息子を推薦、ドゥテルテは政治の道を進むことになった。

2年後にダバオ市長に当選したドゥテルテは、スピード違反の取り締まり、夜間の酒販売の禁止、公共の場での禁煙、投資家を呼び込むための手続きの簡素化など改革を実行。ダバオ市長を計7期、22年務めた。そして2016年、39%の得票率を得て大統領にまで上り詰めたのだ。

ドゥテルテの勝因はどこにあるのか。これまでのフィリピンの政治家は「豊かさ」を約束してきたのに対し、ドゥテルテはダバオ市長時代の実績である「規律」の徹底が支持を得た。その背景には、国家制度が機能していないという、国民のいらだちがある。

3

自国の高い経済成長が続く中で、バラマキではなく、規律による社会改革が求められるようになったこともあるだろう。

麻薬撲滅戦争が支持されるのも、官民の結託した麻薬ビジネスがフィリピンの腐敗の象徴、と考えられているからだ。とはいえ、負の側面も見逃せない。ドゥテルテは既存制度を非効率なものと見下して回避しようとする。

 

超法規的な処刑が横行

6月末にドゥテルテが大統領に就任後、すでに3000人以上が麻薬撲滅戦争の過程で殺された。警察は麻薬関係者が抵抗してきたので射殺したと主張するが、実際は警察自身や民間人による超法規的な処刑が横行している。麻薬の密売にかかわってきた警察らが、麻薬の売人や常習者に自分もグルだったと密告されるのを恐れ、“口封じ”に走っているのだ。これをドゥテルテは黙認する。

ドゥテルテの統治は、厳格な規律で社会を統治する「強い国家」を目指す反面、そのために既存制度を軽視することで国家体制を弱体化させてしまいかねない。法律家出身の大統領が超法規的な手段に訴えるという自己矛盾は、フィリピンが抱える問題の根深さを物語っている。

%e3%83%ad%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%b4%e3%80%802

 

 

 

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ