2015年1~5月の苦情420件、セブパシフィック航空最多

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

驚愕の企画 ( ̄◇ ̄;) !!「塾生の権利、1か月だけですが全て経験できますこちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

別に驚かないけど、苦情の45%がセブパシとは、さすがですね~(; ̄ー ̄A

セブパシ

しかしもっと問題なのは、2位がフィリピンのナショナルフラッグキャリアである、フィリピンエアラインとは・・・( ̄◇ ̄;)

まあ、運行本数の差だと思うけど、セブパシは特にひどい・・・(;-_-)

フィリピン航空

ニュース元

フィリピン民間航空委員会(CAB)によると、今年1~5月の搭乗者からの苦情件数は420件だった。航空会社別では格安航空会社(LCC)セブ・パシフィック航空への苦情が全体の約45%を占めた。23日付ニュースタンダード(旧マニラスタンダード)が伝えた。

苦情内容で最も多かったのは、払い戻しの遅れの112件で、全体の3割弱を占めた。以下、運航キャンセルが54件、顧客サービスに対する不満が33件、遅延が30件などと続いた。チケットの予約や預け手荷物の紛失などでも苦情が寄せられた。

航空会社別では、セブ航空に対する苦情が187件と断トツだった。2位はフィリピン航空(PAL)で78件。エア・アジア・ゼストが50件、PALエクスプレスとマグナム・エアーが各20件、セブゴー(旧タイガーエア・フィリピン)が10件で続いた。

CABのサモディオ法務部長は、現状を受けて、「当局は航空旅客の保護規則の強化に乗り出した」とコメント。「航空会社が利用者に補償を行う際の待ち時間の短縮化などを検討している」と話した。

 

航空会社(セブパシフィック)への苦情

フィリピン人の苦情、怒鳴ったりしないが迫力十分。セブパシフィック航空はタジタジ。­欠航のために別の空港に移動させられた上、変更手数料を要求するとは何事だということ­らしい。奥さんはホテル代と朝食代を請求すると言っている。会社が謝って話はついたが­、日本の感覚ならビジネスチャンスを失ったから損害賠償、タクシー代となろうがそこま­では言わないようだ。

 

 

セブパシフィックの荷物超過 セブ島 マクタンエアポート

 

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

買い目配信の受け方

 

 

無料で公開中

完全なる競馬投資の具体的なステップを無料で公開中

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前でお見せしました。


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ