メキシコで多くの命を救ったのは海軍救助犬部隊の勇敢なラブラドールだった

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m


人気ブログランキング

 

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

****************************************************************

日本からも、救助隊と救助犬が派遣されましたね。(⌒-⌒)

 

ソース元

ia:/ latimes / mentalflossなど/ translated by hiroching and D/ edited by parumo

今年9月7日、マグニチュード8.2の地震がメキシコ、オアハカ州を襲った。さらに19日、マグニチュード7.1の地震が再度発生、死者は270名以上にのぼる。そこに追い打ちをかけるように23日、同国南部のオアハカ州にマグニチュード6.1の地震が新たに発生、幾重もの悲劇に見舞われたメキシコでは警戒を強めながらの救助活動が進められている。

メキシコシティでは15匹の海軍救助犬部隊所属の救助犬が懸命な捜索活動にあたっている。だがその中でひと際目立った活躍をしている犬がいる。

7歳のラブラドールレトリバー、フリーダである。既に52名を発見した彼女の活躍には、メキシコ国内のみならず海外からも賞賛の声が寄せられている。

 

災害現場で人命救助に貢献する犬

フリーダは困難を極める被災地の救助に貢献する優秀な救助犬だ。彼女は今回の巨大地震でも建物の損壊が激しい被災地に向かい、がれきに埋もれた生存者を捜索する過酷な任務に参加している。

メキシコ海軍とメディアの情報によると、19日、崩れ落ちた小学校の校舎に派遣されたフリーダは、がれきの中から52人を発見、そのうち12人の子どもが存命の状態で保護された。

メキシコ海軍の公式ツイートより

https://twitter.com/SEMAR_mx?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fkarapaia.com%2Farchives%2F52246486.html

この日の午後、フリーダは相棒であるベルジアンシェパードのエヴィルとエーチョと共に眠った。

担当者のイスラエル・アラウス・サリナスさんによると、学校の捜索のために疲労のピークにあるのだという。それでも電解質入りの水を飲み、少しの休息をとれば、またすぐに元気になるだろうとのことだ。そして翌日に別の崩壊した建物に向かっていった。

フリーダは高齢にさしかかっているため、若いエヴィルとエーチョがまず崩れた建物に進入するのが普通だ。何か見つかれば、フリーダが確認をとる。建物内に20分以上留まることはない。

生存者を発見したと思えば、吠えて知らせる。だが遺体であった場合は、ぴたっと動きが止まり、かなりの警戒感を示すという。

「怖がるんですよ。それを見ると、遺体だと分かります」とサリナスさん。

救助犬たちが捜索にあたる現場は高さ50センチもない隙間の中だ。場所によっては這いながら、人間にはとても入れない瓦礫の奥にまで進入する。

 

さまざまな被災地で活躍するフリーダ

フリーダは今月7日にメキシコで起きた別の地震にも出動している。また、メキシコだけでなく、2016年に地震に見舞われたエクアドルでも活躍したことがある。

 

ブーツもおとなしくつけてもらってお仕事開始だ

 

時には幅50センチほどのがれきのすき間にもぐることも

 

ゴーグルやブーツは身を守る大切な装備品だ

 

フリーダのファンがりりしい彼女の姿をツイート

 

勇敢で賢い救助犬のスター

こうした任務にあたる犬たちは、生後2ヶ月のときに選別される。そして訓練を受けながら、麻薬探知犬、爆発物探知犬、救助犬のいずれがいいか適正を診断される。

救助犬の訓練はボールのようなおもちゃを使ったものから始まる。ボールを咥えることに慣れたら、今度は咥えたまま走る練習をする。

そうする中で、人の匂いとボールとったご褒美を関連付けさせる。1日3時間の訓練を1年間続けた頃には、実際の被災地に派遣される準備が整う。

 

海軍には他に10数頭の犬が所属している

 

フリーダはその中でも最高に優秀な救助犬のスターだという

 

被災地の人々を励ます頼もしい救助犬

彼女は人の命を救うだけでなく、不安を抱えたまま悲しみに暮れる国民の心を支え、励まし続けているのだ。

フリーダの献身的な働きっぷりに、「少し休んでくれ。働きすぎだ」と彼女の身を案じる声もある。その一方でメキシコ国内では「フリーダを大統領に」と国の代表に推す声や、500ペソ紙幣の肖像に使おうという提案まである。

犬の中にもいろいろな気質や種類があるが、日本の救助犬ゆめのすけ同様、災害の際にはこうした犬たちの献身的な働きのおかげで救われる人命があるということを忘れずに心に留めておきたいものだ。

 

 

メキシコ地震 救助犬フリーダの名を永遠に 紙幣に採用の請願

 

メキシコ地震、「72時間」経過後も捜索継続 日本などの救助隊も活動

 

 

 

 

 

 

 

買い目配信の受け方

 

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前でお見せしました。

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村
******************************************************************

 

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ