世界が認める「飛騨高山バーガー」とは何者か (≧∇≦)b

 1日1回ポチっと押してね m(_ _)m
人気ブログランキングへ私の志です→こちらをクリック

驚愕の企画 第一弾!!「塾生の権利、1か月だけですが全て経験できます」こちらをクリック

驚愕の企画 第二弾!!「塾生だけしか経験出来ない『一生の財産になるレクチャー』に、無料で1回だけ参加出来ます」→こちらをクリック

4月の「一生の財産になるレクチャー」日程が決まりました→http://realkeibatoushi.com/33288/

 これは1回食べてみたいですね! (⌒-⌒)
ニュース元
世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これを基にしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような“世にも不思議なランキング”がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(初回は4月20日よる7時スタート)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす新番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。取材班が直面した不思議なランキングの一端を紹介しよう。
飛騨牛 1
飛騨高山の小京都を走る人力車(写真:ビアン/PIXTA)

「飛騨高山」(岐阜県高山市)と聞けば、どんな場所を思い描くだろうか? そう。「飛騨の小京都」と呼ばれ、まるでタイムスリップしたかのような江戸時代の城下町・商家町など、風光明媚な街並みではないだろうか。

そんな飛騨高山はもちろん外国人観光客が訪れる日本の人気スポットのひとつ。しかし、今、意外な観点で外国人に注目されている。

世界最大の旅行口コミサイト、トリップアドバイザーが公表している「外国人に人気の日本のレストラン」。日本を旅した外国人が自分の足で選んだベストなお店のトップ3を挙げてみよう。

飛騨牛 2

1位は大阪の松坂牛を扱っているお店、3位は築地の寿司店。そういった並居る日本ならではの人気店の中で、違和感輝く2位が、なんと飛騨高山にあるグルメスポットなのだ。リピーター続出、さらにそのグルメを食べるため、わざわざ訪れる外国人観光客もいるほどだとか。しかも、日本に旅行に来た外国人が、和食ではなくハンバーガーを高評価する。飛騨高山というまるでハンバーガーとは結びつかないイメージのある場所に、外国人観光客が殺到するのはなぜ?

 

TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』取材班は、飛騨高山にあるセンターフォーハンバーガーズ(CENTER4 HAMBURGERS)を訪れ、なぜそんなに外国人に“刺さっているのか”の謎を徹底的に調査した。

日本古来の長屋が続く街並み。よ~く気にして歩かないと見逃しそうな(外国人なら何度か見逃して通り過ぎたに違いない)看板に「CENTER 4」の文字が。昔ながらの建築様式「うなぎの寝床」の特徴である長い廊下を抜けるとセンターフォーハンバーガーズのお店がある。

飛騨牛 3

外国人に好まれそうな古民家風の店内

古民家風の建物に西洋のインテリアが妙にマッチした店内は、隠れ家的な雰囲気も相まって、外国人が好きなそうな場所ということがわかる。

前述したように、高山は外国人にとって人気のロケーション。さらにヨーロッパの旅行会社が考案したルートが、高山を人気スポットに押し上げた。その名も「サムライルート」。名古屋に始まり、高山、そして金沢へ抜けるルートで、都会の喧騒に疲れた外国人が高山を訪れ、身も心もリフレッシュするのだ。ちなみに、三重県の伊勢から、高山を通り輪島へ抜けるコースは「昇竜道」と呼ばれる。

 

黄金比率の極上バーガー

店主に話を聞くと、人気の秘密が明らかに。そのカギは「肉」。日本一のブランド和牛としての地位を築いた「飛騨牛」を100%使用している。その肉は、きめ細やかでやわらかく、網目のような霜降りと豊潤な味わいが特長だ。さらにその中でも、希少部位だけを使ったこのハンバーガーは極上中の極上と言っても過言ではない。

飛騨牛 4

一般的なハンバーガーとの違いは、肉が最上部にあること!

TBSテレビの新番組『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』

初回は4月20日(月)よる7時から2時間スペシャルです(通常回はよる8時~)

店主に話を聞くと、人気の秘密が明らかに。そのカギは「肉」。日本一のブランド和牛としての地位を築いた「飛騨牛」を100%使用している。その肉は、きめ細やかでやわらかく、網目のような霜降りと豊潤な味わいが特長だ。さらにその中でも、希少部位だけを使ったこのハンバーガーは極上中の極上と言っても過言ではない。

口コミサイトでも「生きてきた中でいちばんのハンバーガー」「このハンバーガーで泣け!」とハンバーガー上級者の外国人が大絶賛。さらに驚きのこだわりは、バンズ内の肉の位置にあった。

一般的なバーガーショップは肉がいちばん下にあるのに比べ、センターフォーではなんと最上部に。そう、これこそがおいしさを倍増させる、魔法の黄金レシピなのだという。

飛騨牛 5

ハンバーガーを食べると、まず舌はレタスのシャキパリの触感と出会う。次に、トマトの酸味ですっきりさを感じ、最後に肉汁たっぷりの肉にたどり着く。つまり、すべての食材の味が相乗効果を産む。まさに、黄金比を持つ究極のハンバーガーなのだ。

さらに人気の理由が、外国人に取材する中で明らかに。それは、高山に訪れるタイミング。「サムライルート」や「昇龍道」など1週間から10日程の日本観光で高山へ訪れるのは、中間の大体5日目くらい。そろそろハンバーガーが食べたくなる頃だという。

さまざまな観光地で日本食を食べつくした頃、そろそろ故郷の味が恋しくなったなというタイミングで高山に到着する。つまり日本人が海外旅行の途中で無性に日本食を食べたくなるあの感覚と同じで、外国人も高山で無性にハンバーガーが食べたくなるのだ。

 

クセになるフレンドリーな接客

取材をする中でわかったのが、店内の西洋風のインテリアは、実はほとんどが外国人観光客にもらったものだという。リピーターが多いこのお店では、お土産をもらうことも不思議ではないが、観光客と店員という間柄でそこまでの関係性はありえない。

その秘密は、店員のフレンドリーな接客にあった。お店をオープンした当初、3年ほどは客がなかなか入らず苦しい時期を過ごしたという。しかし忙しくない分、来たお客さん一人ひとりに丁寧な接客ができたという。そんなお客さんとのかけがえのない時間のおかげで、こだわりのハンバーガーは評判が評判を呼び、外国人観光客が増えたのだという。

ときにはその日会った初めての観光客と、一緒に温泉に行くことも。「おいしいものを食べてもらいたい」、そんなこだわりから、妥協を許さず究極のハンバーガーを作り続けた。その結果が今にある。

外国から観光客がわざわざ食べに来るという究極の食が飛騨・高山にはあった。「美味しい」は国境を超えるのだ。

 

過去記事はブログをご覧下さい

http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

 

買い目配信の受け方

 

 

無料で公開中

完全なる競馬投資の具体的なステップを無料で公開中

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前でお見せしました。


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ