凍らせるだけ。話題の「冷凍卵」で目玉焼きと卵かけごはんを作ってみた

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m


人気ブログランキングへ

驚愕の企画 第一弾!!→→→http://realkeibatoushi.com/?p=31200

驚愕の企画 第二弾!! 2月もやりますから、申込んでね→http://realkeibatoushi.com/?p=31849

私の志です→http://realkeibatoushi.com/?p=31712

 

ニュース元

冷凍卵 1

巷で話題となっている「冷凍卵」。これは卵をジップロックなどに入れ、冷凍庫に一晩以上入れておけばできあがるという簡単なものなのだが、黄身の味が濃厚になるという。

YOUTUBE動画にて、冷凍卵を使った目玉焼きと卵かけごはんの作り方が公開されていた。普通の卵と比較しながらの解説や味の違いなどもレポートされているので見てみることにしよう。

 

 

冷凍たまごで卵かけごはんを作ってみた!

そこまで違いはないそうだが、黄身の味が濃厚になるということだけはよくわかった。おにいさん濃厚って何回も連呼してたし。

冷凍卵はカラにヒビが入るのを避けられないらしい。
そこから剥いていく

冷凍卵 2

きゅるきゅるっとした感じ。手に持っている間にも白身は徐々に溶けていく。

冷凍卵 3

果物のライチを剥いている感覚だそうだ。

冷凍卵 1

包丁で2つにカットした状態。結構硬いらしい。

冷凍卵 5

1つの卵で2つのミニ目玉焼きができる。

冷凍卵 6

フライパンにフタをして

冷凍卵 7

黄身がぽっこりしている

冷凍卵 8

完成だ!

冷凍卵 9

味に違いはあるのか?
「なんとなく濃厚な気がする。」だそうだ。

冷凍卵 10

次に卵かけごはん。使った冷凍卵は1時間常温にしてちょっと溶けたものだそうだ。
割ってみる

冷凍卵 11

黄身がぽこんとしている

冷凍卵 12

実食の結果、普通の卵かけごはんよりおいしかったそうだ。
その理由はやはり「黄身が濃厚」だったからだそうだ。

冷凍卵 13

ちなみに冷凍卵は解凍すると、白身はどろっと元にもどるが、黄身はまん丸の状態のままだという。それはなぜか?

卵を冷凍すると、黄身の水分が15%ほど減り、タンパク質同士が結合する。その為、まん丸の形状のまま、生なのに半熟卵のようなモチモチの食感になるのだそうだ。

黄身のこの原理を利用して、一度冷凍した卵から黄身だけをとり、だし醤油とお酒のタレに15分くらい漬け込むと、簡単おいしい冷凍卵の黄身漬けが完成するという。

【漬けこみ15分!新食感☆冷凍卵の黄身漬け】

 

過去記事はブログをご覧下さい
http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.html

 

買い目配信の受け方 → http://youtu.be/7npb4fR0Zjw

 

 

 

無料で公開中

完全なる競馬投資の具体的なステップを無料で公開中

 

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前でお見せしました。


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ