名鉄の名古屋駅前新ビルが400mもある理由

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

400mって、長すぎるわ。(`_´)

 

ソース元

名前はまだ決まっていないが、その外観を見れば「ホワイトウォール(白い壁)」がふさわしい。3月29日、名古屋鉄道が名古屋駅再開発の全体計画を発表。その中で、新たに建設される名古屋駅ビルのイメージ画を公開した。

名駅通り沿いに横に長く広がる建物は全長400メートル。30階建てで高さは160~180メートルになるという。

「超高層ビルは縦に長いタワービルが普通。横長の超高層ビルは聞いたことがない」と不動産関係者も驚く。名古屋鉄道側は「横の長さが日本一かどうか、調べていないのでわからない」と言葉を濁すが、日本最長の超高層ビルになる可能性を秘めている。

「日本一」を好む名古屋気質にはぴったりだ。

 

6棟のビルを一体的に開発

2022年度に工事着手。リニア中央新幹線が開業する2027年を目標に完成させる。総事業費は2000億円規模という報道もあったが、「当社から数字を挙げたことは一度もない。

オフィス、商業、ホテル、住居で構成される複合施設ということは決まっているが、その詳細が現段階では決まっていないので、総事業費は未定としか言いようがない」(名鉄)。安藤隆司社長は「2017年度にデザインや設計の準備費用として9.5億円を予算化している」と述べるにとどまる。

この超大型ビルが建設される場所には現在、名鉄ビル、名古屋近鉄ビル、名鉄バスターミナルビル、大手町建物名古屋駅前ビル(ヤマダ電機LABI名古屋が入居)、さらに片側5車線の太閤通を挟んで名鉄レジャックビル、一方通行の細い道路を挟んで日本生命笹島ビルという6つのビルが立っている。

地権者である名鉄、近鉄グループホールディングス、三井不動産、日本生命の4社が6棟のビルを一体開発するというのが今回の構想だ。

それにしても、太閤通という大きな道路をまたぐ形で一体開発するというアイデアには驚かされる。

名古屋駅周辺は都市再生特区に指定されているため、道路の上空の活用は可能なのだが、大胆なアイデアであることには間違いない。なぜ道路をまたぐという大掛かりな開発にしたのだろうか。

 

 

その理由を解き明かすには2年前にさかのぼる必要がある。それまでの計画では再開発は名鉄レジャックまでの5つのビルが対象だったが、2015年に日本生命ビルも一体的再開発に参加する可能性があると発表された。

このときの計画では道路の上をペデストリアンデッキと商業施設でつなぐという構想だった。道路をまたいでつなげる理由について、当時の山本亜土社長(現会長)は、「ペデストリアンデッキが名鉄レジャックで止まらず、その先にも南に延びていくのはプラス」と語っている。

日本生命ビルからさらに南に延びると、巨大再開発エリア「ささしまライブ24」がある。オフィスビル、ホテル、シネコン、大学、テレビ局などから構成され、名古屋市が「国際交流拠点」として期待するエリアだ。名古屋駅から徒歩10分だが、殺風景なビル群の前を歩くとたどり着くまでの時間が長く感じる。

再開発ビルが完成すると名古屋駅からささしまライブまでの導線が整備される。つまり、ささしまライブの価値を高めたい名古屋市にとっても好都合な話なのだ。道路の上に建物を造ることについては、「名古屋市からもおおむね前向きにとらえてもらっている」(安藤社長)という。

 

 

3つのビルから方針転換

ただ、もう1つ疑問がある。2015年当時は、一体化といっても、3棟の超高層ビルをペデストリアンデッキなどでつなぐという計画だった。3連のビルとは、名古屋駅からヤマダ電機までのビル4棟を一体開発したオフィス・ホテル・商業施設の複合ビル、名鉄レジャックを建て替えたホテルとマンションの複合ビル、そして日本生命ビルを建て替えたオフィスビルだ。

特に4棟一体開発のビルは名古屋で最も高い地上50階建てを想定しているともいわれていた。なぜ3棟の超高層ビルが1つの横長ビルというアイデアに変わったのだろうか。

実は、2年前に山本氏がそのヒントになる発言をしていた。「ミッドランドスクエアなど、ほかの高層ビルと高さを競うつもりはない」

現在の名古屋駅周辺は超高層ビルが林立し摩天楼と化している。そこへたとえ「名古屋トップ」を含む超高層ビルが新たに3棟増えたところで話題性は乏しい。それよりも、3つのビルをひとまとめにした横長ビルなら名古屋の新たなランドマークとして注目が集まるかもしれない。

 

さらに実利的な理由もある。日本生命ビルの立地は駅からやや離れているため、「大名古屋ビルヂング」など駅前立地の超高層ビルと比べると競争力で劣る。

日本生命ビルが超高層ビルとして生まれ変わったところで、駅から離れているという弱点は解消されない。「日本生命は現在の立地で再開発をするよりも、他のビルと完全に一体化して開発したほうがテナントを集めやすいと踏んだのではないか」(不動産関係者)。

いいことずくめに見える横長ビルだが、課題がないわけではない。横長ビルの160~180メートルという高さは道路を挟んだ向かい側に立つ超高層ビル「スパイラルタワーズ」とほぼ同じ。これほど巨大な壁が出現した場合の「ビル風」が問題だ。もっとも、「あくまでイメージ図。この形にこだわっているわけではない」(安藤社長)とのことなので、今後、ビル風を最小限に抑えられるようなデザインに変更される可能性もある。

テナントは「まったく未定」(安藤社長)。新ビルに名鉄百貨店が入居するかどうかも未定だ。2年前には「新たな名古屋文化を形成する施設」の入居も示唆されていたが、その内容は今回も明らかにされなかった。

 

 

バスターミナルはどうなる?

ホテルについては、現在バスターミナルビルの上に名鉄グランドホテルが営業している。新たなビルにはどのようなホテルが入居するのか。2年前に山本氏は「外資との提携による超豪華なフラッグシップ的なホテル」の可能性を示唆していたが、今回は「未定」ということで、一歩後退した。

近鉄が新規ホテルの展開を経営戦略として打ち出し、「再開発ビルに都ホテルが入居するのではないか」という観測が持ち上がったことを考慮してのことかもしれない。なお、近鉄側は取材に対して「商業施設にするかホテルにするかも含め、何も決まっていない」としている。

地上側ではバスターミナルがどうなるかも重要だ。この点についても名鉄は「未定」としているが、「名古屋における高速バスの拠点となるだけに、利便性は現在よりもよくする」(安藤社長)と意気込む。

肝心なのは、地下にある名鉄と近鉄の名古屋駅の改良だ。特に名鉄名古屋駅はホーム3面2線という単純構造にもかかわらず、1つの番線に10を超える行き先の列車が発着する。

慣れない人は戸惑うこと必至だ。再開発計画では駅の面積は現在の2倍になる。安藤社長は「利用しやすい駅にする。行き先別に乗り場を造ることも検討したい」と言う。

ただ、気になるのはホームドアの整備である。国土交通省では利用者10万人以上の駅について原則2020年度までにホームドア設置を求めている。名鉄名古屋駅の1日の乗降客数は27万人なので整備の対象となる。

安藤社長は「大規模改造のタイミングに合わせて整備したい」と言う。つまり、2027年だ。10年先ということになるが、国交省は駅の改造計画がある場合はそれに合わせる形でもよいとしている。

 

 

飛び込み自殺が起きない意外な理由

ホームドア整備を10年も放置して大丈夫かという気もするが、実は、名鉄名古屋駅では2005~2014年度に飛び込み自殺、2010~2014年度に視覚障害者の転落事故が1件も起きていない。

意外に”安全”な理由について、名鉄側は「ホーム上にたくさんの駅員がいるからではないか」と言う。名鉄は行き先がわかりづらいという批判ゆえにホーム上にたくさんの駅員を配置している。そのため監視の目が行き届き、思わぬ安全対策につながっているというわけだ。

とはいえ、ホーム上での列車接触・転落事故は2005~2015年の10年間で5件起きている。いずれも死亡事故に至らなかったのは幸いだが、今後も安全とは限らない。ホームドアが整備されるまで死亡事故が起きないことを祈るばかりだ。

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ