命の現場 1 ショーケースの子犬は夢をみるか

 

こちらをクリック

犬はわが子同然だが、その裏では…
今、日本は空前のペットブームで特に犬は人気がある。現在全国の犬の飼育頭数は、約1­200万頭を超えるという。その一方で、日本では毎年16万匹以上の犬が行政によって­殺処分されている。大半は二酸化炭素ガスによる窒息死で、安楽死ではない。日本では、­動物はペットショップで主に売られる。日本における動物に関する法律は規制が甘い。生­後8週未満の子犬が深夜営業の店頭に並べられている。従って、子犬は眠ることができず­、深刻な健康被害を受けている。

 

00:00 MC
00:46 頭がおかしいとしか思えない深夜営業のペットショップと客
03:54 深夜営業が及ぼす影響について
05:15 生後8週未満の販売について
07:14 MC
Related videos
命の現場 2 子犬が産まれる場所

命の現場 3 すべての犬に安息の日々を

 

#1 “Does the puppy in the showcase dream?”

Dogs are treated as family members, but behind the scenes…
At present Japan is experiencing an ever-increasing pet boom, and in particular, dogs are very popular. It is said that the total number of dogs kept at home in Japan exceeds 12 million. On the other hand, over 160,000 dogs are killed by Japanese authorities every year in Japan.
The majority of animals are suffocated with carbon dioxide gas, not by euthanasia.
In Japan, an animal is sold mainly in a pet shop. The Japanese animal law is easy. A puppy less than 8 weeks old is displayed for sale in the midnight at late-night shop. The reason why a puppy less than 8 weeks old is displayed is there is a demand from unthinking buyer. Consequently puppy cannot sleep and it is potentially harmful to health of them. And unthinking buyer do not know how to raise dog.

 

 

 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ