地下鉄タダになる靴 独で発売

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

***************************************************************

これは、販売の新しいビジネスモデルになるかも(;^_^A

コレクターは絶対買うだろうね。

 

ソース元

アディダス限定スニーカーに行列、地下鉄年間チケット付き ドイツ

ドイツ・ベルリンで、ベルリン交通局とアディダスが共同開発した限定スニーカーを手に入れた男性(2018年1月16日撮影)

 

【1月17日 AFP】ドイツ・ベルリンで16日、ベルリン交通局(BVG)とドイツのスポーツ用品大手アディダス(Adidas)が共同開発した限定スニ―カーが発売された。地下鉄が1年間無料で利用できる「チケット」も付いたこのスニーカーを手に入れようと氷点下の中、大勢が徹夜で列をつくった。

ベルリン地下鉄90周年を記念して作られた1足180ユーロ(約2万4000円)のスニーカーには、ベルリン地下鉄の座席カバーと同じ模様があしらわれている。さらに、通常761ユーロ(約10万3000円)する地下鉄の年間チケットが縫い付けられており、これが通勤客を引き付けるカギになっている。

 

赤い大きな寝袋に入ったアンドレアス・ルー(Andreas Leu)さんは「土曜日にライプチヒ(Leipzig)から来たが、73番目だった」と話す。「一番面白いのはチケットと、たった500足しかないこと。コレクションとして保管するよ」

一方で、BVGのこの風変わりなマーケティングに対する批判も上がっている。保守派の独日刊紙ウェルト(Die Welt)はスニーカーをめぐる騒ぎを「ばかばかしい」と一蹴。未使用の状態でコレクターの収集品として保管されればその価値は一層高まるため、通勤客が実際に使用することはほとんどないだろうと指摘した。

スニーカー発売の午前10時(日本時間午後6時)からわずか数分で、何足かがオンライン上で売り出された。価格は元の約6倍の最大1150ユーロ(約15万6000円)にのぼった。(c)AFP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

買い目配信の受け方

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前で見せました


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ