地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ (;^_^A

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

 

正直「そんなに気にすることかな~」とは思うけど、地元の人には大事なことなんだろうね。(;^_^A

 

 

ソース元

これまでジモトのココロ編集部では「すごいを意味する方言の違い」や、「上京して通じなかった方言」など、全国各地の方言や習慣の違いなどを紹介してきましたが、日本をひとくくりにできないほど、文化や方言も多様性に富んでいることがわかりました。

そこで今回は「地元出身者がちょっとイラっとするかもしれない一言」をまとめてみました。○○県出身の人と話すときは、このひとことに気をつけてください!

 

1)兵庫県民には言ってはいけない

一見、たこ焼きと似ている明石焼ですが、兵庫県明石市の郷土料理です。別名、玉子焼とも呼ばれています。

鶏卵、出汁、浮粉と呼ばれる粉と小麦粉、タコを混ぜ合わせて作ったもの。箸を使って、出汁に浸しながら食べます。

江戸時代から食べられている歴史ある食べ物で、たこ焼きのもととなったと言われているそうです。たこ焼きと一緒にされがちですが、兵庫県民にとってはまったく別物だそうです!

見た目は似てるけど、味は違う?「明石焼」

 

 

 

 

 

2)京都府民に言ってはいけない

 

伝統と歴史を持つ京都。現在も独自の文化を育み、京都人として地元に対する誇りとプライドがあるため、ひとくくりに”関西人”と言って欲しくない京都人も多いのだとか。

 

 

3)大阪府民に言ってはいけない

 

大阪人に愛され続けた「お好み焼き定食」は、お好み焼きとライスと味噌汁がセットになった定食です。

炭水化物のお好み焼きをおかずに、ライスを食べるという、炭水化物+炭水化物のコンビをいじられると、ムっとする人も少なくないらしいですよ。

 

 

 

4)滋賀県民に言ってはいけない

琵琶湖で有名な滋賀県。位置が近畿地方と中部地方のどちらにも近いため、他県民にとってはどちらに属するのかわからない人も多いよう。

ついつい上記の一言を言ってしまいがちですが、滋賀県は関西に属します。もし大阪や京都の人が、これを言おうもんなら、鉄板ネタの「琵琶湖の水止めたろか!」の一言が飛んでくるに違いません。

 

 

5)広島県民に言ってはいけない

広島人には間違っても、「広島焼き」あるいは、「広島風お好み焼き」と言ってはいけません。

広島人にしたら、広島のお好み焼きは、「お好み焼き」。”広島風”とつけると、微妙な雰囲気が流れること間違いなしだそうです。注文するときは、「お好み焼き」と伝えましょう!

 

 

 

 

6)岡山県民と和歌山県民に言ってはいけない

和歌山と岡山。響きが似ていることで聞き間違いされやすい2つの県の間では、常にバトルが勃発しています。

 

 

 

7)鳥取県民に言ってはいけない

字が似ているため、島根と混同される鳥取。以前に「間違いやすい県ランキング」でも1位にランクインしています。

他県民にとっては「まあまあ」となだめたいですが、鳥取県民と島根県民にとっては深刻な問題のようですよ。

 

 

 

 

8)徳島県民に言ってはいけない

徳島県の名産を決して「かぼす」とは間違えてはいけません。正しくは「すだち」です。

どちらも柑橘類で、味も似たような感じもするのですが、徳島県民にとっては、かぼすは別物です。

 

 

 

 

9)愛媛県民に言ってはいけない

ご存知、愛媛県の名物といえば、「ポンジュース」。

昭和27年に発売開始後、愛媛県民に愛され続けているソウルフードならぬ、ソウルドリンクですよね。

以前、「ポンジュース」がでる蛇口が松山空港に設置されたことで、話題を呼びました。普段はバヤリース派、あるいは、デルモンテ派でも、愛媛に行ったら、「ポンジュース」を注文するのがベターかも!

 

 

 

10)北海道民に言ってはいけない

セイコーマート」とは、北海道民なら誰もが知っているコンビニ。

昭和46年よりオープンして以来、ずっと道民に親しまれており、道内を中心に1000店舗以上が展開されています。

セブンイレブンやファミマなどを抑えて、北海道内でのシェア率は39%!万が一、ディスったら、シベリア行きにされてしまうかも!?

 

 

 

 

 

11)山形県民に言ってはいけない

山形のソウルフードといえば「芋煮」。毎年開かれる「日本一の芋煮会フェスティバル」は秋の風物詩となっています。

芋煮と一口に言っても、庄内地方は「豚肉・味噌仕立て」、内陸地方は「牛肉・しょうゆ仕立てと、同じ山形県でも味も作り方も全然違うようで、度々芋煮戦争が勃発するほど。庄内地方の人が食べる芋煮に対して、豚汁と同じじゃないの?って聞くのは、NGですよ。

 

 

 

 

12)青森県民に言ってはいけない

青森県と聞くと、思い浮かぶのは津軽弁。青森出身の人がいると、ついつい「なまってみて!」といってしまう人もいるのでは?相手は内心、「えっっ!???」っと困惑しているかもしれません。

 

 

 

13)茨城県民に言ってはいけない

ついつい「いばらぎ」と言ってしまう人もいるかもしれませんが、正しくは「いばら」です!茨城出身の人と話すときは、十分に気をつけましょう!

 

 

 

14)栃木県民に言ってはイケナイひとこと

神奈川や埼玉などと比べると、栃木は素朴なイメージがあるためか、関東に位置していることを知らない人も多いそう。栃木県民にしてみたら、失礼な話ですよね!

 

 

 

15)山梨県民に言ってはいけない

JR甲府の駅前にどーんと聳えたつ「武田信玄公像」。武田信玄ゆかりの地、山梨では、信玄などと呼び捨てにしてはいけない習慣があるようですよ。

 

 

 

16)福井県民に言ってはいけない

2014年には、「国民幸福度総合評価」の1位に輝いた福井県。

世界規模の恐竜の化石が所蔵されている「福井県立恐竜博物館」や、最近ではタレントの道端三姉妹の出身地として有名です。

しかし、一方では、「どこにあるかわからない都道府県ランキング」という不名誉なランキングの3位にもランクインしています。知名度の低さをいじられると、ムッとしているかもしれません!

 

 

 

17)三重県民に言ってはいけない

三重県伊勢市でよく食べれている「伊勢うどん」。

濃厚なつゆに、柔らかめな麺が特徴ですが、その歴史は古く、江戸時代から食べられていたといわれており、三重が誇る伝統的な県民食です。

固めな麺が好きな人にはちょっと物足りないという声も聞こえますが、三重県の人に出会ったら、褒めた方がベターです。

 

 

 

18)静岡県民に言ってはいけない

山梨と静岡をまたいだところにある富士山。そのため、長年「どっちのもんだ?」バトルが両者の中で続いています。

そんな背景を知らず、静岡出身の人に「山梨側のほうがきれいだった!」と漏らしてしまったら、大変なことになりかねません。

 

 

以上、言ってはいけないひとことシリーズを紹介しました。
ひょっとしたら、この中に、あなたがイラっとする一言、入ってましたか?

 

 

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ