外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE!!

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング

 

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

*****************************************************************

セブで日本酒の価格を見ると、だいたい倍以上なんで凄く高級品なんです。(;^_^A

 

ソース元

世界的に日本食ブームが広がる中、日本産のビールやウィスキーは海外でも愛好家が増えていますが、いま海外でブームなのが「日本酒」。

欧米ではSAKE、Japanese Sake、Japanese Wineなどとして呼ばれている日本酒ですが、この日本酒の輸出額は近年過去最高を更新しました。欧米を中心とした海外では日本酒人気が広がっているようです。

 

 

外国人の「日本酒」の爆買いが止まらない?

寿司やラーメンなどをはじめとした世界的な日本食ブームが起きていることもあり、海外でも日本酒は、”Japanese Sake” として知名度が高まっています。

昨年度の日本酒輸出額は約 430 億円(対前年比 110.2%)となり、5年連続で過去最高を記録。中でも、日本酒の2016年度の売り上げは156億円と7年連続で過去最高を記録し、この10年間で3倍にアップしています。

輸出額1位はアメリカ。続いて、香港、韓国と続きます。食文化に共通点があるアジアで日本酒が好まれるのはわかりますが、アメリカ以外にも、カナダ、オーストラリア、英国など、欧米諸国でのシェアが増加しているのは意外ですよね。

出典:財務省貿易統計

 

さらに先日、EUの経済連携協定(EPA)で「日本酒の輸出にかかる関税の即時撤廃」が決まったことから、今後も欧州への輸出拡大が予測されています。外国人の日本酒の「爆買い」はまだまだ続きそうです!

 

欧米スタイルで人気が加速

欧米といえば、ワインを片手にディナーのイメージですが、今ではワインの代わりに日本酒をワイングラスに入れて楽しむ人が急増しています。日本酒は米から作られた醸造酒を意味するRice Wine(ライスワイン)とも呼ばれているので、日本版ワインのような感覚で捉えているのかもしれません。

「ワイングラスで酒を飲んでいるよ!」

 

「ワイングラスに酒と氷を入れて飲んでいるよ」

 

 

欧米スタイルのまま日本酒を楽しむ人々が増えているようです!

 

飲み方だけでなく、酒そのものも欧米スタイル。

日本酒ブームが浸透中のアメリカでは、なんと「アメリカ産の日本酒」も登場しています!有名なのが、日本酒造メーカーの「桃川」とタッグを組んだオレゴン州ポートランド発の「Sake ONE」という酒造メーカー。

米国産の米を使いアメリカ人の口に合うように作られた酒はアメリカ国内でも人気を博しているようです。

もはや日本酒は日本産だけに限らなくなってきましたね!

 

また、「ワインソムリエ」ならぬ、「Sake Sommelier(酒ソムリエ)」もじわじわと浸透しているようです。

日本酒ソムリエとは、日本酒にマッチする料理や醸造方法、産地などに関する知識を学び、飲み手の好みやリクエストをききながら、日本酒とその楽しみ方を提供できるエキスパートのことをいいますが、日本国内のみならず、海外でも「酒ソムリエ」の人材育成に始まっています。

 

例えば、ロンドンを拠点に世界に展開する「酒ソムリエ協会」では「日本酒入門コース」から「マスターオブ酒」までの各レベルのコースを設けており、酒のエキスパートを育てています。この「酒ソムリエ」の資格を得るために熱心に授業に参加する人々の姿も!

 

海外で旅行に行って、日本食レストランでお酒をオーダーしたら、日本人ではなくて、外国人の酒ソムリエがお好みの日本酒を選んでくれるなんてこともあるかもしれませんね!

 

欧米ではどんな日本酒の銘柄が人気?

英紙インディペンデントでは、イギリスではここ数年で日本酒が飲めるレストランやバーが増えてきたと伝えるとともに、「ベストな10の銘柄」をおすすめしています。どんな銘柄がラインナップされているのでしょうか?

 

玉川 Time Machine 1712(京都府)

木下酒造有限会社が純米酒の「玉川 Time Machine 1712」。江戸時代の製法で造ったというこちらのお酒は、「日本酒版のデザートワイン」とも言われ、甘口で濃厚な味わいが特徴です。

300年前のレシピでつくられているというところに、ロマンを感じるのかもしれません。日本では1,080円で購入できますが、イギリスは約3078円(21.95ポンド)。高級品ですね。

 

出羽桜 桜花吟醸酒(山形県)

山形県・出羽桜酒造(でわざくらしゅぞう)の「桜花吟醸酒」は、1980年に発売されて以来、ロングセラーの日本酒です。

フルーティーな吟醸香と爽快な味わいが特徴。「英国最古のワイン商で王室御用達のBB&R社が初めて扱う日本酒」に採用されるなど、海外での認知度も高いようです。

会社のウェブサイトの英語版で対応するなど、海外市場に力を入れているのがうかがえます。

また、インスタグラムでは、酒造の過程を掲載しています。日本人はもちろん、海外の人も日本酒作りの過程には興味を持ちますよね。

 

 

 

伯楽星(はくらくせい) 純米吟醸 (宮城県)

宮城県の新澤醸造店の「伯楽星 純米吟醸」。バナナの香りがフルーティーで、ほのかな酸味が特徴のあるこちらの純米酒は、「SAKE COMPETITION2017年 純米吟醸Gold」を受賞しています。

創業1873年の澤醸造店は、昔ながらの酒造りが現代まで受け継がれ、いまでは海外でも知られるように。

 

ヌーベル月桂冠 純米吟醸(京都)

日本を代表する酒造メーカー月桂冠のシリーズの「ヌーベル月桂冠 純米吟醸」は、フルーティな香りと米の旨味、そして、すっきりした味わいが特徴の純米酒。

見た目も日本酒では珍しいライトスモーク色の瓶に入っていて、レトロでありながら、高級感を醸し出しています。欧米人が好みそうな洋風なデザインですよね。

 

「日本酒をみんなで飲んだんだけど、”Gekkeikan Nouvelle”のおかげでダンスしたくなっちゃったよ」

 

 

松竹梅 白壁蔵「澪」(京都)

松竹梅 白壁蔵「澪」はいま日本でも女性を中心に人気がある清酒のスパークリングワイン。ほのかなマスカット味が特徴!澪(MIO)はイタリア語で「私の」を意味するんだそう。

難しい名前が連なる日本酒ですが、MIOなら海外の人も覚えやすいのではないでしょうか。

「居酒屋に行ったら、無料でスパークリングのお酒MIOをもらったんだけど、すごい大好き」

 

 

米国で人気のお酒は?

ニューヨークの日本風の居酒屋「Decibel Sake Bar」

 

日本酒のシェア1位を占めるアメリカでは、都市部の日本食レストランやバーなどではSAKEが流通しています。

しかし、レストランやバーだけに限らず、現在ではNY拠点「SAKAYA」やサンフランシスコ拠点の「True Sake」など日本酒を扱う酒専門のオンラインサイトも増え、ますますアメリカ人が日本酒を手に入れやすくなってきているようです。

では一体どんなお酒が売られているのでしょうか。「True Sake」では「日本酒初心者向け」にベストセラーの6つの銘柄を進めています。

 

麒麟山(新潟県)

1843年創業の「麒麟山酒造」が地元の米にこだわって作った辛口の「麒麟山」。爽快ですっきりとした味わいが特徴です。

 

天狗舞 山廃仕込純米酒(石川県)

天狗舞 純米酒」は、2011年にはIWCの純米酒部門でトロフィーを獲得した逸品です。酒母の製造方法のひとつである「山廃」という製法を用いています。

これは「古来の酒母造りの流れ」をくむ方法を使って、乳酸菌を巧みに取り込み、低温でじっくりと乳酸発酵させているとか。

 

菊水(新潟)

True Sakeのオーナーも太鼓判を押すのが、「菊水 夏の大吟醸生原酒」。日本では冷酒シーズンの夏限定で販売されていますね。初心者に人気で、トップセラーの一本だそうです。価格は330ml/$11(約1100円)〜。

すっきりとした爽やかな夏の日本酒がアメリカ人にも人気のようで、マンハッタンのレストランでも「菊水」が!

 

イギリスやアメリカ以外でも、欧州を中心に日本酒を購入できるオンラインショップは増えつつあるようです。

【日本酒を購入できるヨーロッパのオンラインショップ】
MAISON DU WHISKY(フランス)
J’epoca SAKAbar(ドイツ)
酒リシャス(オランダ)
SHINWAZEN(スイス)
SAKE COMPANY(イタリア)

 

 

世界に名を馳せる日本酒たち

海外での知名度を測る指標のひとつは、有名なコンペで選ばれた日本酒であるかどうかが大きなポイントになってくるのではないでしょうか。

その有名なコンペのひとつが、毎年イギリス・ロンドンで行われる「インターナショナル・ワイン・チャレンジIWC )」です。こちらその名の通りワインのコンペですが、実は2007年よりSAKE部門を設置

”海外の人の口に合う”厳しい審査を勝ち抜いた日本酒が各部門ごとに毎年選ばれています。SAKE部門はそれぞれ9部門に分かれ、「金賞」、「銀賞」、「銅賞」、「大会推奨酒」の4つ判定されます。

金賞を獲得した酒の中で、特に優秀な日本酒には「トロフィー」という称号が与えられます。

さらに、「トロフィー」を獲得した中からひとつの銘柄に、SAKE部門の最高賞として「チャンピオン・サケ」の称号が与えられます。

今年 1245つの銘柄からこの「チャンピオン・サケ」に選ばれたのは、岩手県の「南部美人 特別純米酒でした。

 

2017年度 チャンピオン・サケ
岩手県「南部美人 特別純米酒

このお酒は岩手県二戸市産の岩手県オリジナル酒造好適米「ぎんおとめ」を使用した日本酒。二戸市は人口わずか2万8000ですが、小さな町のお酒が「世界一の酒」に輝き話題を呼びました。この「メイド・イン・岩手」のお酒は現在34カ国に輸出されています。

 

その他、各部門のトロフィーに選ばれたのはこちら。

 

 

 

 

 

 

 

本当に、全国各地の様々なエリアの日本酒が海外で名を馳せていますね。

 

以上、海外における日本酒事情を紹介しました。私たち日本が昔から慣れ親しんだ日本酒を、いまでは世界各国でSakeとして楽しむ人たちが増えてきました。

しかも、飲んで楽しむだけではなく、中にはアメリカのようにオリジナルの酒を作る国も現れました。一過性のブームではなく、日本酒ブームはこれからも続きそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村
******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ