幻の巨大サメ、全長5メートルの「メガマウス」が水揚げされる(三重県)  ( ̄◇ ̄;)

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

ソース元

メガマウス 1

1976年にハワイ沖の海底ケーブルにオスの個体が絡まっていたのが最初の発見となった巨大なサメ、メガマウス。新種のサメと認定されたが、その後の発見数が少ないことから「幻のサメ」とも呼ばれている。日本では1984年に静岡県で、浜辺に打ち上げられた個体が見つかったのが最初であるが、その後の発見数は世界的に見ても意外と多い。

そんなメガマウスが2016年4月15日に三重県尾鷲市の尾鷲漁港で水揚げされたという。2014年4月14日に静岡県で水揚げされてから約2年ぶりだ。今回を含めて世界での発見例はこれまで59例目、日本では18例目となる。

大きすぎて・・・「幻の巨大ザメ」メガマウスが水揚げ(16/04/15)

 

今回発見されたのは、体長約5メートル、重さ1トン以上のメガマウスだ。実は2日前の13日に沖合に仕掛けられた定置網に掛かっていたのだが、大きすぎて15日朝の水揚げとなった。尚このメガマウスは地元の魚屋さんに落札され、研究用として三重県外に出荷されたという。

メガマウス 2

メガマウスはその名の通り巨大な口(マウス)が特徴のネズミザメ目のサメ。和名ではオオグチザメ(大口鮫)と呼ばれていた。

熱帯から温帯の水深200m付近のやや浅い深海に生息している。ジンベイザメのようにプランクトンを主食としている温厚なサメだ。その為歯はとても小さく、口の内壁は光が当たると銀色に輝く。他のサメに見られない特徴として、上顎の歯が蛍光色に輝き、プランクトンをおびき寄せるといわれるが、詳しいことはまだわかっていない。

生きたメガマウスの貴重映像:Alien Sharks: The Megamouth | Shark Week 2013

昨年は、2015年1月にフィリピンで体長4.5メートルのメガマウスが水揚げされた。

幻の巨大サメ、4.5メートルのメガマウスの死骸が漁網にかかる(フィリピン)

 

肉質は水っぽくてまずいから日本では食用としては不向きとされているが、フィリピンではココナッツミルクで味付けして食べるそうで、この時も地元の人に「食べないで!」と海洋学者が呼びかけていた。

メガマウス 3

どうしても地震と無理やり関連付けたい系のニュースが飛び交っているが、昨年フィリピンで大きな地震は起きていない。日本の場合、メガマウスの発見頻度よりも地震の発生件数が多いので、全てのメガマウス出現を地震と関連付けようと思えばいとも簡単に関連付けられる。また、発見場所と地震発生地域にはなんの法則性もなく、2014年4月に静岡県で発見された時も、関連付けるとしたら震度5弱の青森県の地震だろうけど、起きたのは2014年8月で、発見から4か月もたっているので、ちょっと無理があるかも。

まあでも日本では江戸時代、オオナマズが地下で暴れることで地震が発生するという民間信仰もあったくらいだからやっぱり気になっちゃうのかな。

 

 

 

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ