海外「アジアには強い日本が必要」 アキノ大統領の集団的自衛権支持が話題に

安倍首相は24日、フィリピンのアキノ大統領と首相公邸で会談し、両首脳は、海洋進出を強める中国をにらみ、安全保障分野で連携を強化していくことで一致した。

 

安倍首相は「厳しさを増す地域情勢に関し、両国は緊密に連携をしている。先般のシャングリラダイアログ(外務・防衛閣僚会合)や、G7で述べてきた、法の支配3原則の重要性を、本日、アキノ大統領との間でも確認をいたしました」と述べた。

 

会談で、安倍首相は、海洋進出を続ける中国を念頭に、紛争の平和的な解決や、法の支配の重要性を強調し、両首脳は、日本からの巡視艇の供与など、安全保障分野での連携を、強化していくことを確認した。

 

また、安倍首相は、集団的自衛権の行使容認に向けた取り組みを説明し、アキノ大統領は理解を示した。 さらに、安倍首相は、家事支援分野での外国人の受け入れを、国家戦略特区で行うことや、技能実習制度の対象職種拡大などを検討していることを説明し、両首脳は、経済分野での連携を強化していくことを確認した。

 

 

 

 

 

 

 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ