海外で不思議がられる日本人観光客の旅5選〜日本人はまるで妖精みたい!?〜

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング


私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

*****************************************************************

日本人、あるあるかな。(;^_^A

ソース元

各国、特にヨーロッパで観光業に携わっている現地人の知人たちから、よく「日本人っておもしろいね」と耳にします。

彼らが日本人観光客を観察していて「おもしろい」と感じる点、「どうして?」と不思議がる点、「日本人ってキュート!」と思わずクスっと笑ってしまいそうになる点などなど、実際に筆者が耳にした「日本人の不思議な海外旅行事情」を集めてみました。

 

“休み”なのに休まない

「休暇で旅行に来ているはずなのに、日本人は休暇中さえも勤勉だ」なんていう冗談交じりの驚きの声を度々耳にします。休暇中なのに毎朝早起きをして、超タイトな旅程をこなしてゆく日本人観光客の姿に「日本人は休むことをしらない国民だと聞いていたが、本当にそうなんだ・・・!」と仰天する声が多数。

筆者もせっかくの休暇、しかもせっかくの旅行となれば、時間を有効活用するために朝から晩まで張り切って動き回りたくなります。でも海外からは「せっかくの休暇なんだから、旅先でビーチに寝そべったり、いつもよりゆっくり寝たり、のんびりしなきゃ」という意見も。あなたはどちら派?

 

「ぼ~っとする時間」を楽しめない日本人

「日本人ってビーチでぼ~っと海を眺めてみたり、公園のベンチでのんびりと過ごしたりするのが苦手だよね」「美しい景色が広がる場所でも、写真を撮ったらすぐにどこかへ行ってしまう。

どうして景色をゆっくりと楽しまないんだろう?」「空き時間ができたら、すぐにガイドブックやスマホを見ている」などなど、日本人は何もしないでぼ~っとするのが苦手というイメージがあることが判明。

また日本人からは「(団体ツアーの)自由時間に何をすればいいのかわからない」「何かしていないと時間を無駄にしているような気がして落ち着かない」という声をよく聞きます。

特に貴重な旅先での時間。有効活用したいと焦る気持ちもよくわかります。

ですが、海に沈みゆく太陽や、公園で遊ぶ楽しそうな子どもたちの姿、夕日に染まりゆく町の様子などを、何もせずにただただ目の前の景色をじっと眺めるだけの時間こそが、あとで振り返ったとき心に鮮明によみがえる美しい旅の思い出となることが多いように感じます。

 

あっという間に次の町へ行ってしまう

先に「休暇中にも関わらずタイトなスケジュールをこなす日本人」に驚く外国人の意見をご紹介しましたが、「日本人はまるで妖精みたい。今来たと思ったら、次の瞬間にはどこかへ消えて(移動して)しまう」という声も。

世界的に見ると1年を通しての休暇日数が少ないと言われる日本。貴重なお休み、しかも海外旅行となれば一度に少しでもたくさんの場所を回りたいものですね。

でも、たまにはひとつの町に腰を落ち着けて、じっくりと楽しんでみる旅もいいかもしれませんね。きっといつもの旅とは違った発見や楽しみに出逢えることでしょう!

 

ガイドブック通りに観光する

「日本人観光客はガイドブック通りに旅する。ガイドブックに載っているホテルに泊まり、ガイドブックに載っているレストランで食し、ガイドブックに載っているお土産を買って帰る」という意見を多数耳にしました。

旅中にガイドブックを頼りにするのは、決して日本人観光客だけに限った話ではないと思うのですが「日本人観光客は必ずガイドブックを片手に旅している」というイメージが強いようです。

はじめて訪れる国なら、ガイドブックが1冊あるとすごく心強いですよね。ですが、何もかもガイドブック通りでは、見逃していることがたくさんあるかもしれません。

ガイドブックだけに頼らず、ネットで最新情報や穴場スポットを探したり、現地の観光案内所でアドバイスをもらったりして、オリジナルの旅を楽しんでみるのもいいかもしれません。

 

バスタブ付きの部屋が重要

お風呂が大好きな日本人。旅先の疲れも温かいお湯に浸かれば、随分癒されますよね。

「お風呂に入らないと疲れが取れない」という日本人観光客はホテルでもバスタブ付きの部屋をリクエストすることが多いようですが、ホテルで働く現地人たちからは「日本人はお風呂好きだって聞いていたけど本当なんだね」「日本の旅行会社から、いつも“バスタブ付きの部屋は必須条件です”とリクエストがくるので、バスタブ付きの部屋は日本人用にキープするようにしているよ。

なんでそんなに重要なんだろう?」と不思議がる声を耳にします。

そんな声を聞いて、筆者はいつも「お風呂の素晴らしさを知らないなんて、もったいない!」と思っています。

以上いかがでしたか?

海外からの意見に耳を傾けてみると、少し違った旅のスタイルが見えてきましたね。もちろん旅の楽しみ方は人それぞれ。自分に一番合ったスタイルで楽しむべきですが、たまには視点を変えてみると、いつもよりさらに楽しい旅になるかもしれません。

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ