消費税の偽情報

FROM 上念司

相変わらずマスコミは増税はもう決まったことだと思考停止の洗脳報道に余念がありません。
安倍総理が増税についてはずっと反対していて、増税阻止が既定路線になりつつあることにたいして、増税派の焦りが見えてきました。

増税派は連日、怪しげなジャーナリストやポンコツ学者(トンキン大学の井堀とか言う人)まで投入して、「○○さんも増税派に寝返った!」という偽情報を流しまくっています。
正々堂々、政策の効果を検証して国益にかなうなら増税をやるべきだし、そうでないならやめるべきという単純な話です。

どうしてこうやって議論を避けて嘘ばかり垂れ流すのでしょうか?

これは典型的なコミンテルン式の詐術です。
「決まったことだ」ということを金科玉条のように振りかざして、議論をさせない、喋らせないという共産主義国家にありがちな言論弾圧の一種だと決めつけていいと思います。

ちなみに、増税が全然決まった話でないことはこちらの動画で説明しておきました。
少し長いですが、大喜利など笑えるネタ満載なので是非ご覧いただけると嬉しいです。

【アーカイブ】上念・倉山・浅野、消費増税とアベノミクス偏向報道を語る[桜H25/8/21

 

 

この動画の中に出てきた「賢人の知恵」という必殺技は、実は左翼の得意技です。
「聞いてない」
「傷ついた」
「誠意が見えない」
よくプロの市民の人がそんなこと言ってますね。

そんな敵の技を、徹底的に研究し自分の技に変えたのが「賢人の知恵」ですw
動画の23分あたりから詳しく解説してますので是非ご覧ください。
腹筋崩壊確実です。

ところが、ここにきて予期せぬ援軍が現れました。
なんと、あの増税大好きだった読売新聞が来年の消費税増税はダメだと社説に掲載したのです!!

消費税率 「来春の8%」は見送るべきだ(8月31日付・読売社説)

原文をお読みいただければ分かる通り、「増税して軽減税率なければ新聞が潰れる」という極めて身勝手な理由なのです(笑)
それでも、この段階で大手新聞社および新聞協会までが増税延期を表明した意味は大きいです。

まさに、増税派に兵ナシ!
いくら偽情報を流しても、多くの国民は増税に反対しているというこの現実が安倍総理の決断を支えるでしょう。

日本経済を本当に復活させるために、今こそ一致団結して増税に反対していきましょう。
愛国者は「もう増税は決まった」なんてデマ流しちゃだめです!!ゼッタイ!!

 

 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ