移住して驚いた!これが沖縄のコンビニエンスストアの常識14選!!

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

*****************************************************************

ようやくセブンイレブンも沖縄に進出するようだけど、地域によってコンビニはいろいろ特色があるよね。

以前わが社の沖縄出身の社員から言われたことですが「本土にブルーシールアイスが無い事に一番驚いた」らしいです。(;^_^A

 

ソース元

沖縄に住んだ時、驚いたことがたくさんあります。これからご紹介するのは、「これが普通さあね」と、うちなーんちゅの友人にいわれた、沖縄では当たりまえに目にする光景です。

観光される方は、これからご紹介する内容を意識しながらコンビニエンスストアに行ってみると、面白いと思います。

 

目次 [非表示]
14.セブンイレブンがない
13.おにぎり温めますか?と聞かれる
12.おでん沖縄そば・豚足
11.100円そば
10.泡盛ラインナップが凄い
9.お酒・変わり種の商品
8.パン・変わり種の商品
7.アイス・変わり種商品
6.弁当・変わり種商品
5.パックの容量
4.自動ドア
3.良心的な駐車場
2.ポーク玉子おにぎり・塩おにぎり・ジューシーおむすび
1.海グッズが売っている
まとめ

 

 

14.セブンイレブンがない

2017年1月19日にセブンイレブンジャパンの古屋一樹社長が産経新聞のインタビューに応じ、47都道府県で唯一出店していなかった沖縄に、2019年2月をめどに出店する考えを発表しました。

ということで、現段階で沖縄にはセブンイレブンがありません。

また、出店時期に指定している2019年は、沖縄都市モノレール・ゆいレールの延長工事が終了する時期にも重なるので、個人的にはかなり有力な情報のような気がします。

それでは、ここからは現状沖縄にあるコンビニエンスストアの常識をお伝えします。

 

13.おにぎり温めますか?と聞かれる

レジに、ツナマヨおにぎりを持っていった私。レジの人に、「おにぎり温めますか?」と聞かれ、「え??ツナマヨは温めるの?」と思ったことがあります。

他にも、観光で来ていた友人の話ですが、弁当とおにぎりを持ってレジに行ったら、「温めますか?」のひと言に「はい」と答えたら、お弁当だけ温めてくれるのかと思ったら、おにぎりも温めてた!とのこと。

沖縄の人は温かいおにぎりが好き?というか、温かい作りたてのおにぎりは温かいので、それが常識なのかも知れませんね。

 

12.おでん沖縄そば・豚足

常夏の沖縄でおでん?と思われる人がいると思いますが、おでんの売上は全国トップクラスなんだとか。その中でも人気なのが、おでん沖縄そば。レジで「おでん沖縄そば下さい」と注文すると、おでんのスープが注がれます。

おでんの具材には、てびち(豚足)や軟骨ソーキなどがあります。それをトッピングすると、なんと、てびち(豚足)そばやソーキそばが出来上がるというわけです。おでん沖縄そばは、100円、トッピングの具がプラス100円以内。安い!

 

11.100円そば

小さなカップにそばとねぎ、そばだしの粉が入っています。買ったら、お湯を注ぐだけ。ちょっと小腹がすいたなという時にお勧めです。

カップラーメンを買った際に、ポットのお湯を注ぐと思いますが、どこかのコンビニエンスストアでは、ポットに沖縄そばのだしが入っていたところもありました。100円そばは、生麺なので、今すぐではない方は、沖縄そばのカップめんも売っていると思います、そちらがお勧めです。

 

10.泡盛ラインナップが凄い

さすが沖縄だなとびっくりしたのは、ワンカップの泡盛から、紙パックの泡盛、一升瓶の泡盛が置いてあったこと。

アルコールの種類が豊富なのはうれしいですね。24時間営業だと、お酒がなくなったらいつでも買いにいけます。一升瓶があれば、朝まで楽しく呑めそうです…。呑みすぎ注意。

 

9.お酒・変わり種の商品

ビールなら、オリオンビールは絶対に置いてあります。さらに、種類が豊富です。その他、お酒コーナーをよーく見ると、泡盛コーヒーやシークワ―サー梅酒なるものも置いてあります。入れ物はジュースかコーヒーですがお酒なので注意してくださいね。

 

8.パン・変わり種の商品

沖縄では、沖縄にしかない、パンのメーカーがあります。そこが出している商品は、当然並んでいます。スーパーにも当たり前のように並んでいる代表的なパンは、オキコパンが出している、ゼブラパン、ぐしけんパンが出している、なかよしパンなどです。こちら機会があったら買ってみてください。

 

7.アイス・変わり種商品

アイスクリームのコーナーも要チェック。ブルーシールアイスはもちろん、新垣ちんすこうアイスというのもあります。一時期、塩アイスブームがあったかと思いますが、ちんすこうは、ほのかな塩味のクッキー。これまた絶妙にバニラアイスとあうので、お勧めです。

 

ここまでご覧いただき、いかがでしたでしょうか?本土の人にはちょっと、衝撃的だったものもあるかもしれません。 私も移住当初は驚きの連続でした。

それではさらに6選、6~1までです。

 

6.弁当・変わり種商品

お弁当の種類も本土とはちょっと違うラインナップ。先ほど紹介した、ジューシー弁当や、タコライス弁当など、これだと思ったものは是非、食べてみてくださいね。

 

5.パックの容量

スーパーでもそうですが、1リットルが946mlと明記されています。500mlは473ml(写真)沖縄はかつてアメリカ統治下にあったときに容量単位が リットル ではなく ガロン でした。( 1ガロン = 3,785ml )

本土復帰の後、日本全国で使用されている 単位に合わせるためガロンのままで1リットルに近い数値として、1ガロンの4分の1=946mlとなったそうです。

 

4.自動ドア

台風でドアがバタンバタンとならないように、自動ドアにしているそうです。10年前は本土のコンビニはほとんど手動のドアだったのですが、そんな中沖縄は、いち早く自動ドアを導入していました。今は、本土も車いすの方も利用しやすいように、自動ドアに変わりましたね。

 

 

3.良心的な駐車場

駐車お断りと書いてあるのに、30分OK。この看板を見つけたときに、なんて良心的なんだろうと思いました。

 

2.ポーク玉子おにぎり・塩おにぎり・ジューシーおむすび

これぞ沖縄のおにぎりという感じがします。ポーク玉子は、ポークとたまご焼きがはさんであります。

味は、マヨネーズだったり、アンダンスー(油みそ、味噌をラードで炒めた、ちょっと甘めの味噌)だったり。どちらもお勧めです。塩おにぎりは、ミネラル豊富な沖縄の塩おにぎりです。

最近、本土のコンビニエンスストアで、塩にぎりというお米だけのおにぎりがでてきましたが、塩にぎりにのりがついてる塩おにぎりは、沖縄ではじめてみたような気がします。

ジューシーおむすびは、コージューシーという沖縄の炊き込みご飯をおむすびにしたものです。コージューシーセットと言って、ジューシーおにぎりとコロッケがセットになったお弁当?が売っていたりします。その他、油みそおにぎり、アーサ佃煮というおにぎりもあります。

 

1.海グッズが売っている

ビーチの近くのコンビニエンスストアには、浮輪や島ぞうりなど、海のレジャーグッズが当たり前のように置いてあります。

(本土でもシーズンによってはありますね)

 

 

まとめ

私が気付いただけでもこのくらいあります。まだまだあるのかもしれません。 沖縄限定発売の商品、例えば、パンなんかも、沖縄にしか売っていない、なかよしパン、ゼブラぱん、うずまきパンも売っていたりします。

アイスも沖縄限定商品があります。コンビニエンスストアへ行った時は、ほんとだと共感していただけたらうれしいです。 こんなのもあるよ、もし、気がつかれた方は、ぜひ教えてくださいね。

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ