米国の旅行サイトが“世界の危険な航空会社10社”を発表、フィリピン航空は堂々の4位!! (; ̄ー ̄A

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m


人気ブログランキングへ

驚愕の企画 第一弾!!→→→http://realkeibatoushi.com/?p=31200

驚愕の企画 第二弾!! 2月もやりますから、申込んでね→http://realkeibatoushi.com/?p=31849

私の志です→http://realkeibatoushi.com/?p=31712

 

 

米国の旅行サイトが“世界の危険な航空会社10社”を発表、事故件数と完了フライト数から算出!!

 

ニュース元

観察者網は29日、エア・アジアのインドネシア・スラバヤ発シンガポール行きエアバス320型機が日本時間28日午前8時24分に消息が途絶え、多くの人が注目したと報じた。

2014年は飛行機の消息不明や事故が相次ぎ、絶えず人びとの敏感かつ脆弱な神経に触れ続けてきた。

先日、米国の観光サイトtravelvivi.comが、航空会社の事故件数、完了したフライトの総数をもとに算出した「世界で最も危険な航空会社10社」を発表した。

 

【第1位】キューバ・クバーナ航空
完了フライト数32万、事故件数8、死者数404

第2位】台湾・中華航空
完了フライト数91万、事故件数6、死者数763

【第3位】イラン航空
完了フライト数97万、事故件数6、死者数708

【第4位】フィリピン航空
完了フライト数118万、事故件数6、死者数107

フィリピン航空

【第5位】ケニア航空
完了フライト数45万、事故件数2、死者数283

【第6位】エジプト航空
完了フライト数107万、事故件数4、死者数402

【第7位】パキスタン国際航空
完了フライト数143万、事故件数5、死者数440

【第8位】コロンビア・アビアンカ航空
完了フライト数147万、事故件数4、死者数500

【第9位】タイ国際航空
完了フライト数198万、事故件数4、死者数352

【第10位】ガルーダ・インドネシア航空
完了フライト数200万、事故件数4、死者数431

セブパシフィックが無いな~

セブ・パシフィック

 

このランキングに対して、中国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。
「マレーシア航空がないの?」
「これらの航空会社の飛行機には今後乗らない。危険すぎる。そして、エア・アジアとマレーシア航空も」
「中国本土の会社はないのか?」
「実際、国内の航空会社はとても安全だと感じる」
「かつての大韓航空も事故が頻発したよ」
「韓国の会社も入ってるはずだ……」
「韓国が入っていないなんて……不条理だ」
「なんと、マレーシア航空が入っていないのか。この評価は2014年以前の事故しかカウントしていないのか?」
「もう国外旅行する気になれない」
「ヨーロッパも米国もない」
「1位は大韓航空のはずだろ」
「今後、チケットを買うときにはまず航空会社をチェックする」


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ